キャンピングカーの維持費はいくら?コストを踏まえて計画的に乗ろう

キャンピングカーコラム

キャンピングカーの維持費はいくら?コストを踏まえて計画的に乗ろう


カテゴリー:


キャンピングカーの購入を検討している方の中には、「どれくらいの維持費がかかるか知りたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。キャンピングカーの維持費は、税金、車検代、保険料、燃費、駐車場代などです。これらは車を所有する場合に必要な費用ですが、項目は同じでもキャンピングカーは通常の自動車と少々内容が異なります。そこで今回は、税金や保険、その他の雑費も含めて、キャンピングカーの維持費がどれくらいかかるのかをご紹介します。


キャンピングカーの維持にかかる税金や保険

通常の自動車と同じく、キャンピングカーには税金や保険料がかかります。車にかかる税金には2種類あり、ひとつは毎年納付しなくてはならない「自動車税」、もうひとつは車検時に支払う「重量税」です。また保険にも、加入義務のある「自賠責保険」と、任意加入の「自動車保険」の2種類があります。
以下では、税金と保険の詳しい内容をご紹介します。

毎年の納付が義務の「自動車税」

自動車税の課税金額は車の総排気量に応じて決められており、車検の有無に関係なく毎年納付しなければなりません。自家用車なら29,500~111,000円ほどかかりますが、税制の見直しにより自動車税の恒久減額化が予定されています。

自動車税の減額の背景には、2019年10月に実施される消費税の引き上げが関係しています。増税前の駆け込み購入の抑制と、増税後の販売台数の落ち込みを防ぐために恒久減額化が決定したといわれており、これによって2019年10月以降に購入する新車の自動車税は最大4,500円も減額されます。
加えて、同年同月には自動車取得税(新車購入時の税金)が廃止され、燃費に応じた課税制度「環境性能割」の導入が決まっています。新車の販売台数の約半数は非課税になる見通しで、燃費基準を20%上回る車は非課税にする他、増税後から1年間は税率を1%軽減するなどの対策も実施されます。

自動車の中でも特殊用途自動車(8ナンバー)の車両は税率が低く、課税金額を抑えることが可能です。特種用途自動車に分類されるのは、パトカーや消防車、救急車などの「緊急自動車」、給水車や郵便車などの「法令特例事業で使用する自動車」、車いす自動車や宣伝車、ごみ収集車などの「特種な用途に用いるその他の自動車」です。
実は、キャンピングカーは「特種な用途に用いるその他の自動車」に該当します。仮に8ナンバーを取得できれば自動車税は23,600~88,000円ほどであり、同じ排気量の車両よりも20%程度減額されます。
なお、8ナンバーの取得は一定の条件をクリアする必要があり、例えば「就寝設備や給排水設備、食品を加熱する設備があること」などが決められています。

車検のたびに発生する「自動車重量税」

自動車重量税は、2年(新車は初回3年、8ナンバーは新車でも初回2年)に1回行う車検時に発生する税金です。その名のとおり、車両の重量に応じて課税されます。
普通乗用車の重量税は車両重量によって変わり、エコカーの場合0.5t以下は4,100円、1t以下は8,200円、2t以下は16,400円です。エコカーでない場合は、より高額になります。
一方、特種用途自動車の重量税は車両総重量によって変わります。エコカー減税が適用されない場合、1t以下は8,200円、2t以下は16,400円です。

なお、税制の改正によってエコカー減税の適用期間延長が予定されています。車種制限や燃費基準クリアなどの条件はありますが、エコカー減税の適用によって重量税が減額されれば、より安くキャンピングカーを維持できます。

加入義務のある自賠責保険

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、法律によって加入が義務付けられている保険です。自賠責保険に加入していなければ車を運転できず、違反者には厳しい罰則が課せられます。
自賠責保険は車検のたびに支払い義務が生じ、24カ月で比較したときの保険料は乗用車が27,840円、軽自動車が26,370円、特殊用途自動車が34,900円、特種用途自動車(軽自動車)が16,850円です。

任意で加入する「自動車保険」

自賠責保険とは違い、自動車保険は任意で加入する保険(任意保険)です。自賠責保険が被害者の身体に関する損害にのみ適用される保険であるのに対し、自動車保険は被害者の車や破損させてしまった民家の堀、自分や搭乗者の身体、自分の車など、自賠責保険ではカバーしきれない損害を補償する保険です。
また、自賠責保険と自動車保険は支払い限度額に差があり、自賠責保険が傷害や死亡、後遺障害などで支払い限度額を定めているのに対して、自動車保険は契約時の車の時価相当額で設定されます。簡単にいうと、同じ車種でも新車と中古車、オプションの有無で支払い限度額が異なるということです。とはいえ、保険会社が定めた一定の範囲内であれば自由に設定することが可能です。

なお、8ナンバーはその特殊性から契約対象外としている保険会社も少なくありません。加入の際は、キャンピングカーに特化した保険代理店を中心に複数の会社へ見積もりを依頼してみましょう。


キャンピングカーにかかるその他の維持費

税金や保険料とは別に、キャンピングカーには燃料代や駐車場代、メンテナンス費用などもかかります。以下では、キャンピングカーのその他の維持費について詳しくご紹介します。

車種ごとに違うキャンピングカーの燃費

キャンピングカーの燃料代は車種ごとに異なるため、キャンピングカーの購入を検討している方は把握しておくことをおすすめします。

・欧州モーターホーム(ディーゼル)
欧州モーターホームの燃費は、約10km/L前後です。車体の大きさにかかわらず燃費が良く、燃料タンクが大きいため長距離移動にも適しています。

・国産ディーゼルキャブコン&ディーゼルバンコン
国産ディーゼルキャブコンとディーゼルバンコンの燃費は、約10km/L前後です。輸入車と比較すると車体はコンパクトな印象を受けますが、燃費は同程度です。

・米国製モーターホーム
米国製モーターホームの燃費は、約8~10km/Lです。車体の大きさから比較すると燃費は意外に良いと言えます。しかし、市街地ではアップダウンの関係から燃費が悪くなる傾向にあり、約5km/L前後になります。

・国産バスコン(ディーゼル)
国産バスコンの燃費は、約6~8km/Lです。欧州モーターホームと同等の車格と比較すると燃費は落ちますが、耐用年数が長く、長距離や長期間の使用でも良好な状態を維持できます。

・国産バンコン(ガソリン)
国産バンコンの燃費は、約5~8km/Lです。ハイエースのバンコンをベースにしているため、キャブコンと比べてもパワフルな走りを体感できます。燃費が悪いと言われていますが、近年の車両は高速での燃費が改善されており8km/Lほどの車両もあります。

ふだんの駐車スペースの利用料

自宅にキャンピングカーの駐車スペースが確保できない場合は、別で駐車場を探さなくてはなりません。その際におすすめなのがキャンピングカー専用の駐車場です。使用しない間は預けておくことができ、駐車場によっては車両サイズの大きいキャンピングカーも預けられるため安心です。

ある管理会社を例にご紹介すると、利用する駐車スペースのタイプを3タイプから選ぶことが可能です。車体の大きさに応じて月額利用料が異なります。

Aタイプ……月額:¥7,000(税込)スペース:長さ11m×幅3.5m
Bタイプ……月額:¥6,000(税込)スペース:長さ9m×幅3.5m
Cタイプ……月額:¥5,000(税込)スペース:長さ8m×幅3m

さらに、給排水設備が配置されていたり、ダンプステーションや洗車場などを利用できたりする駐車場もあります。

高速道路でのキャンピングカーの通行料金

キャンピングカーの高速道路の通行料金は、普通乗用車と同額です。キャンピングカーは一見するだけでは車両区分が判定できないため、車両の大きさや重量に関係なく、普通乗用車と同じ車種区分で扱われています。なお、軽自動車をベースにしたキャンピングカーは軽自動車と同じ車両区分に該当します。

キャンピングカーでの駐車料金、施設の利用料金

キャンピングカーで旅行をする際、オートキャンプ場などの施設を利用する方も多いのではないでしょうか。ここでは、各施設の特徴をご紹介します。

RVパーク

日本RV協会が定めるキャンピングカーの専用駐車場です。24時間利用できるトイレや外部電源、ゴミ捨て場が備え付けられている他、施設によっては入浴施設が併設されているところもあります。1泊1台につき1,000〜3,000円、最大でも5,000円程度と割安なのも魅力です。
なお、RVパークは全国に設けられており、北海道から沖縄エリアまで合計120カ所あります。

オートキャンプ場

車両での乗り入れができるキャンプ場です。1泊1台につき2,000〜6,000円程度の利用料金がかかります。アウトドアやレジャーに必要な設備が揃っているため、気軽に訪れてキャンプを楽しめます。

道の駅

道の駅には地元の農産物などを販売するお店や飲食店、お土産屋などがあります。無料の駐車スペースがあるため、ふと宿泊したいと考えてしまいがちですが、道の駅に宿泊したり車内で出た家庭ごみを捨てたりするのはマナー違反です。あくまでも休憩するための施設だと認識しておきましょう。

高速道路のパーキング、サービスエリア

高速道路のパーキングエリアやサービスエリアは、道の駅と同様に休憩するための施設です。宿泊はマナー違反になるので注意しましょう。

整備、パーツ交換の費用やメンテナンス費用

キャンピングカーはトイレやシャワーなどの車内設備が多いほど、普通乗用車よりもメンテナンス費用がかかります。水回りの点検を行ったり、経年劣化による修理や部品交換を行ったりする他、ラバールーフのあるキャンピングカーは雨漏り修理や補修をする必要もあります。この他、車両の積載量によってはタイヤに負荷がかかりやすいため、走行距離が短くても定期的にタイヤを点検・交換しましょう。


維持費を踏まえて購入を検討しよう

キャンピングカーには、購入費用以外にも多くの維持費がかかります。キャンピングカーを購入する前に、税金や保険料、その他の維持費を把握しておくことは、購入プランを練る際に必須と言えます。キャンピングカーの購入を検討している方は、ぜひ上記を参考にしてみてください。



コラム一覧へ戻る

ページのトップへ