気軽に泊まれる非日常!トレーラーハウスの魅力やおすすめキャンプ場

キャンピングカーコラム

気軽に泊まれる非日常!トレーラーハウスの魅力やおすすめキャンプ場


カテゴリー:
タグ:

テントを設置して宿泊をするスタイルや、キャンピングカーを使ったキャンプの他に、トレーラーハウスでキャンプを楽しむというスタイルもあります。トレーラーハウスは宿泊の設備が整っていながら、他では味わえない非日常感を楽しめるのが魅力です。
今回は、トレーラーハウスの概要や魅力、トレーラーハウスでのキャンプに持って行きたいアイテムについてご紹介します。


トレーラーハウスとは?

トレーラーハウスとは、通常の建物のような設備を整えていながら、タイヤによる移動が可能となっている車両のことです。トレーラーハウスは広大な土地を持つアメリカで発展した文化で、住居やセカンドハウスの他、事務所や店舗などとして利用されてきました。近年は、日本でもトレーラーハウスを活用する動きが少しずつ増えてきています。

キャンピングカーとの違い

車内に居住スペースを持つ車両としては、トレーラーハウスの他にキャンピングカーもあります。
ただしキャンピングカーは自走可能な車両に居住スペースを作ったものであり、普段から道路を走行することを前提に作られています。トラックの荷台を架装して大きなシェルを搭載したものから、軽自動車の中身を架装して作った小型のタイプまでさまざまなものがあります。

キャンピングカーの中にも、ヘッド車を使って牽引するスタイルのキャンピングトレーラーという種類があります。キャンピングトレーラーは自走ができないため、定義としてはトレーラーハウスとほぼ同義になりますが、主にオートキャンプ場などへ牽引して使うものがキャンピングトレーラー、主に土地内などに置いて建物として使うものをトレーラーハウスというように分けて考えると良いでしょう。

住むこともできる

日本ではキャンプ場に設置して来場者に貸し出しているトレーラーハウスを目にしますが、トレーラーハウスを購入して住むこともできます。
トレーラーハウスは車両扱いとなるため固定資産税や不動産取得税がかからず、自走機能を持たないため自動車重量税もかからないというメリットがあります。また、トレーラーハウスを設置する際に電気・水道・ガスのライフラインを車内に引くことも可能です。


トレーラーハウスでキャンプをする魅力

テント泊やキャンピングカーにもない、トレーラーハウスならではの魅力にはどんなものがあるでしょうか。

テントやコテージとも違う非日常感

テント泊は自然の中で過ごす非日常感が味わえますが、テントの設営や食事の準備など大変なことも多く、初心者がいきなり挑戦するにはハードルが高いと感じる側面もあります。
トレーラーハウスに泊まれば、宿泊に必要なものは基本的に揃っており、初心者や家族連れでも気軽にキャンプを楽しむことができます

アウトドアで手軽に宿泊ができる施設の一例としてコテージがありますが、トレーラーハウスは基本的に車両となり、車両としては広くても宿泊施設としては手狭です。車両に宿泊するというのは、コテージにもない高揚感や非日常を楽しむことができます

キャンプ道具はほぼ手ぶらでOK

トレーラーハウスに宿泊できるキャンプ場へ行けば、テントや寝袋などのキャンプ道具はほぼ手ぶらで大丈夫です。キャンプ場によって細かくルールが異なるため確認が必要ですが、キャンプのための道具について難しく考えることなく、自然の中での時間を楽しめます。

プランによっては、バーベキュー用の調理器具や食材が含まれている場合も。準備いらずでキャンプご飯を楽しめます。

家具はほとんど揃っている

キャンプ場にもよりますが、ベッドや枕などの寝具、テーブル、椅子などの家具はほとんどが揃っています。そのため、トレーラーハウスではホテルに泊まりに行くような手軽さで宿泊することが可能です。
中にはキャンプギアを駆使したおしゃれな内装を演出しているところもあり、自分ではなかなかできない非日常空間で過ごすこともできます。

秋冬のキャンプにもぴったり

比較的人が少なく、汗かきや虫の心配をする必要のない秋冬のキャンプは、近年少しずつ人気を増しています。一方で、寒い時期のキャンプは防寒が重要であり、初心者にはハードルが高いものとなっています。
トレーラーハウスであれば、中で暖房を効かせることもできるので、秋冬のキャンプにもぴったりです。

キャンプ場によっては、トレーラーハウス周辺のサイトごとレンタルし、サイト内にテントを建てるなどして思い思いに過ごせるところもあります。そういったキャンプ場では、秋冬のキャンプに挑戦しつつ、いざとなったらトレーラーハウスを使えるという安心感があります。


トレーラーハウスに持って行きたいアイテム

ほとんどの家具が揃っているトレーラーハウスですが、泊まりに行く際は以下のようなアイテムを持って行くとより快適に過ごせます。

寝具

キャンプ場によってトレーラーハウスに備えている寝具には差があるため、事前に確認し、足りないものは持参するようにしましょう。また、寒がりの人は毛布を1枚持って行くなど、自分のスタイルに合わせた寝具が必要です。
テント泊用の寝袋をあえて持って行き、キャンプ気分を味わうというのもおすすめです。

ルームシューズ

トレーラーハウスの床は意外に冷えていることもあり、素足や靴下では寒さを感じることもあります。ルームシューズを持って行けば、特に秋冬の宿泊には重宝します。
また、外のトイレや炊事場へちょっと出かけるときに使うサンダルなどもあると、キャンプ場内を気軽に移動できて便利です。

着替え

トレーラーハウスに限らず、キャンプでは外での活動的になるため、汗をかきやすくなります。
特に子どもを連れてのキャンプでは思いっきり遊び回れるように、着替えは多めに持って行くようにしましょう。すぐに着替えられるようにしておくと、汗で気持ち悪くなることもなく、体温を下げる心配もありません。年齢によっては普段と違う場所での睡眠となるため、緊張や興奮からおねしょをしてしまうことも考えられます。簡易的な防水シートなどあると、より安心できるでしょう。

電源タップ

トレーラーハウス内にも充電に使える電源はありますが、思ったより少なくて心もとないこともあります。スマートフォンやカメラなど複数の電子機器を気兼ねなく充電するためにも、電源タップを1つ持って行くと便利です。

キャンプを楽しむアイテム

テント泊と違い、トレーラーハウスではキャンプでやるべきことがかなり少ないため、目的がなければ暇を持て余してしまうことも。キャンプを楽しむためには、いろいろなアイテムを持って行くのがおすすめです。

例えば、コーヒーセットや夜に行動するためのランタン、天体望遠鏡などがあります。焚き火がOKのキャンプ場であれば、焚き火台や薪を持って行ってゆっくり火を眺めるのもおすすめです。


トレーラーハウスに泊まれるおすすめキャンプ場

ここでは、実際にトレーラーハウスに泊まれるおすすめのキャンプ場についてご紹介します。

フォレストサンズ長瀞

フォレストサンズ長瀞は、埼玉県秩父郡にあるキャンプ場です。通常のキャンプサイトの他、コテージや本格的なブッシュクラフトエリア、トレーラーハウスなど、さまざまな宿泊スタイルが楽しめるキャンプ場となっています。

トレーラーハウスに泊まれるエリアでは、全天候に対応しているルーフデッキを装備し、外で思いっきりバーベキューなどを楽しむことができます。

el colina(エルコリーナ)

el colinaは、山梨県南都留郡にあるキャンプ場です。富士五湖の1つである山中湖の湖畔に位置しており、湖畔のトレーラーハウスで宿泊できます。

el colinaのトレーラーハウスエリアは、アメリカのさまざまなエリアをイメージした4つのトレーラーハウスからなり、トレーラーハウスとして有名なエアストリームに泊まれる点も特徴です。

アメリカントレーラーヴィラ一宮

アメリカントレーラーヴィラ一宮は、千葉県長生郡にあるキャンプ場で、ヤシの木などが生い茂り自然の空気を存分に味わえます。徒歩10分圏内に海水浴場がある他、近くにはレストランやカフェも豊富です。

トレーラーハウスはカリフォルニアから直輸入したアメリカ製で、日本ではなかなか味わえないアメリカの気分を楽しむことができます。


気軽にキャンプができるトレーラーハウスに泊まろう

キャンプと言えば自分でテントを張って食事を用意するテント泊をイメージしますが、トレーラーハウスやキャンピングカー、コテージなど、さまざまなスタイルのキャンプがあります。トレーラーハウスは車両に泊まるという非日常感がありつつ、キャンプに必要な道具はほとんど必要ないという気軽さが魅力です。

カテゴリー「キャンピングトレーラー」に関連する記事 一覧





コラム一覧へ戻る

ページのトップへ