高い居住性が魅力!ハイエースベースのキャブコンについて

キャンピングカーコラム

高い居住性が魅力!ハイエースベースのキャブコンについて


カテゴリー:
タグ:

キャンピングカーの中でもよく見かけるのは、トヨタ・ハイエースをベースにして作られたキャンピングカーです。また、ハイエースベースのキャンピングカーの中でもバンコンとキャブコンの2つの種類があり、キャブコンは居住スペースの快適性などに優れています。
今回は、ハイエースをベースにしたキャブコンの魅力についてご紹介します。


ハイエースベースのキャブコンとは?

車内に居住スペースを持ち、オートキャンプ場などで気軽にキャンプを楽しめるキャンピングカーには、ベースとなる車があります。中でもハイエースはベース車として人気で、商用バンの中身を架装して作るバンコンと呼ばれるタイプのキャンピングカーの多くは、ハイエースをベースに作られています。

一方でハイエースは、主にトラックの荷台に大きなシェルを架装して作るキャブコンと呼ばれるタイプのベース車としても使われています。トラックの場合は荷台にシェルを載せるような形で架装を行いますが、ハイエースをベースにする場合は後部座席部分を大胆に取り払い、シェルを架装します。

キャブコンの特徴

キャブコンは前述のように大きなシェルを架装したキャンピングカーのタイプを指しますが、より具体的には「キャブオーバー車をキャンピングカーに転換(コンバージョン)したもの」という意味になります。

キャブオーバー車とは、エンジンの上にキャブ(運転席)を設置したタイプの車で、トラックやバス、そしてハイエースなどが分類されます。キャブオーバー車はエンジンを運転席の下に置くことで荷室を広く取れるというメリットがあり、ハイエースは商用バンとして高い人気を誇っています。

このことから、キャブオーバー車を架装してキャンピングカーを作ることで、広い居住スペースを作ることが可能となるのです。

バンコンとの違い

ハイエースはバンコンのベース車として使うこともでき、バンコンのベース車の多くはハイエースです。

キャブコンとバンコンの大きな違いは、外装ごと架装して大きなシェルを作るか、外装はそのままに内装だけを架装するかという点にあります。
キャブコンでは外装ごと架装するため、居住性を高めた大きなシェルを載せることが可能です。一方バンコンでは外装は架装しないため、キャンピングカーとして目立ちにくく、日常生活でも乗れるような使い勝手の良いキャンピングカーとなります。


キャブコンの魅力

キャブコンタイプのキャンピングカーには、以下のような魅力があります。

居住性の高さ

キャブコンはベース車をカットして専用のシェルを架装しているため、居住性の高さが魅力です。スペースが広くてベッドやソファなどの家具が多く設置できる他、天井が高く、大人の男性が立ったまま歩けます。

居住性の高さから、キャブコンならではの設備として挙げられるのがソファとテーブルを組み合わせたダイネットです。ダイネットはバンコンや軽キャンパーにもありますが、キャブコンのダイネットは広く、モデルごとに使いやすいレイアウトが模索されています。

また、運転席の上部にせり出したバンクベッドがあるのもキャブコンの特徴です。バンクベッドがあるために就寝人数を多く確保することができ、荷物置きとして利用することもできます。

断熱性・遮音性

キャブコンではキャンプに適したシェルを架装するため、車体の断熱性が上がっています。また遮音性も高くなっており、外の音が気になりにくくなっています。このように快適性が上がっていることから、キャブコンはキャンピングカーの中でも快適な車中泊を実現しやすいと言えます。

収納スペースの多さ

バンコンや軽キャンパーは外装をそのままにするため車内のスペースが限られており、荷物のためのスペースはあまりありません。一方、キャブコンは大きなシェルを搭載することからスペースに余裕があり、専用の収納スペースを設けたモデルも多くあります。
モデルによっては自転車やバイクを載せて走れるようなタイプもあります。バンクベッドを荷物置きとして使用することもでき、荷物の多いアウトドアを楽しみたい方にぴったりです。


キャブコンの注意点

一方でキャブコンには以下のような注意点もあるので、購入時には把握しておきましょう。

走行性能は高くない

キャブコンは大きなシェルを搭載して居住性を高めている一方、走行性能を犠牲にしている面は否めません。例えば同じハイエースベースのキャンピングカーでも、そのままの車体を使用しているバンコンとボディカットして大きなシェルを載せているキャブコンでは車体重量が大きく異なり、加速・カーブ・減速などの走行性能にも差が出てきます。

また、キャブコンは車高が高くなっているため横揺れに弱く、強風の吹きやすい橋の上などでは不安定になることもあります。キャブコンを運転する際は安全な速度を維持し、のんびりと目的地へ向かうのが基本となります。

日常生活で使うには向いていない

バンコンや軽キャンパーは外からの見た目がベース車そのままですが、キャブコンはしっかり架装されているため、キャンピングカーらしい出で立ちをしており目立ちます。車体も大きいため市内での取り回しも難しく、日常生活でも使いまわしたいという場合には向いていません。

価格が高くなる

キャブコンはキャンピングカーとしての本格的な装備を備えていることから、価格も高くなってきます。キャブコンを使ったキャンプスタイルが向いている方には良い買い物となりますが、便利なのが良いと思って購入しても持て余してしまうケースもあるため、購入前に販売員と相談するなどしてよく検討する必要があります


ハイエースベースのキャブコン2選

ハイエースをベースにしたキャブコンにはさまざまなモデルがあります。ここでは、2つのキャブコンをご紹介します。

セレンゲティ

ファンルーチェが手掛けるハイエースキャブコン、「セレンゲティ」は、乗車人数と就寝人数の多さが特徴のモデルです。乗車人数は7名、就寝人数は大人6名+子ども2名とキャブコンの中でも多く、たくさんの人数で使うことができます。

就寝人数が多いのは、運転席上部に大きくせり出したバンクベッドによるもの。セレンゲティのバンクベッドは高さもあり、大人3名と子ども1名までが就寝できます。広々としたダイネットやシンク、冷蔵庫なども備え、キャブコンとしての快適性も十分です。

セレンゲティについて詳しくはこちらから

リバティ

アネックスが手掛けるハイエースキャブコン「リバティ」は、広々と使いやすい車内レイアウトが特徴のモデルです。L字型に展開できるソファでは談笑がしやすく、キッチンスペースは広々と取られています。冷蔵庫や電子レンジはもちろん、トイレスペースを備えている点もポイントです。

他にも、余裕を持って使えるツインサブバッテリーや温水ボイラー、キャンプ場で便利なサイドオーニングなどを備えています。

リバティについて詳しくはこちら


キャブコンで快適なキャンプをしよう

ハイエースはキャンピングカーのベース車としても人気で、特にキャブコンのタイプは内装が広く、家族などで快適なキャンプを楽しむのにぴったりです。注意点についてもよく把握しつつ、キャブコンでキャンプを存分に楽しんでみませんか。





コラム一覧へ戻る

ページのトップへ