1人を満喫しよう!ソロキャンプの魅力やアイテムの選び方をご紹介

キャンピングカーコラム

1人を満喫しよう!ソロキャンプの魅力やアイテムの選び方をご紹介


カテゴリー:
タグ:


近年のキャンプ人気の高まりとともに、ソロキャンプを楽しむ人も増えています。1人で行くキャンプは、家族や友人と行くキャンプと違いどのような魅力があるのでしょうか?今回は、ソロキャンプの魅力や揃えておきたい道具などについてご紹介します。


ソロキャンプはどんなところが魅力?


ソロキャンプと言っても、家族や友人とのグループキャンプと大きく違うことをするわけではありません。しかし、同じようなキャンプでも1人ならではの楽しみ方があります。

焚き火

焚き火はキャンプの楽しみ方の定番であり、グループキャンプでも楽しむ方は多いのではないでしょうか。秋冬のキャンプでは、暖を取る手段としても役に立ちます。

焚き火は火を囲んで家族や友人と語らいを楽しむのもいいですが、ゆったりと1人で眺めているだけでも癒やされます。火がゆらゆらと揺れる様子や、薪がパチパチと爆ぜる音に癒やされるという声は多く、ソロキャンプの醍醐味の1つとなっています。

また、どのように着火すればしっかり火がつくのか、どのように薪を組めばよく燃えるのかなど、自分で試行錯誤してみるのも楽しいものです。火ばさみや火吹き棒があれば薪や火の様子をある程度コントロールして、物思いにふけりながらずっと眺めていることもできます。

料理

キャンプと言えばキャンプご飯ですが、ソロキャンプであれば普段できないような料理に挑戦する醍醐味があります。

グループキャンプだと、ある程度のミスはよくても、料理が失敗してしまうと周りのテンションが少し下がってしまうかもしれません。一方、ソロキャンプでは失敗しても食べるのはすべて自分、周りに合わせることなくいろいろな料理に挑戦できます。
自分だけのとっておきのキャンプご飯を極めてみるのも、きっと楽しいはずです。

読書

グループキャンプでは1人の時間はどうしても少なくなりますが、ソロキャンプでは基本的にずっと1人です。1人の時間を楽しむには、読書はぴったりだと言えます。

ランタンがあって光量が十分であれば紙の本でもいいですが、電子書籍であれば周りが暗くても読めるので、キャンプでは意外に役に立ちます。スマートフォンやタブレット端末があれば、事前にダウンロードしておき映画などを楽しむこともできます。

何をしても自由

もちろん、周りのキャンパーへの配慮は必要ですが、ソロキャンプであれば基本的に何をしても自由です。思う存分1人の時間を楽しめますし、周りの観光地へ遊びに行く際も人の意見に左右されず自分の行きたいところへ行くことができます。

その代わり、失敗も基本的にはすべて自分でどうにかしなければなりませんが、失敗もキャンプの醍醐味の1つ。次どうすれば上手くいくかを考えながらキャンプができるのも、ソロキャンプの魅力です。


ソロキャンプのアイテムの選び方


ソロキャンプとグループキャンプで必要なアイテムに大きな違いはありませんが、ソロキャンプならではの選び方はあります。基本的にはコンパクトなアイテムでまとめるのがポイントで、上手に選べば必要なアイテムをすべてバックパックに背負うこともできます。

テント

キャンプに欠かせないテントは、1人用か2人用のコンパクトなサイズを選びましょう。グループキャンプで使う用途のテントは、大きすぎてスペースを持て余すばかりか、設営にも無駄な手間や体力を使ってしまいます。

設営が楽なシングルウォールテントや、フライシートがついて便利なダブルウォールテントなどさまざまな種類があるので、自身の使い方も考えながら選びましょう。

シュラフ(寝袋)

シュラフは、テントで眠るときに欠かせない寝具です。秋冬はもちろん、夏でも外の夜は冷えることもあるため、必須アイテムだと言えます。

シュラフには快適使用温度と限界使用温度が記されているので、参考にしましょう。なお、この数値はあくまで参考となるため、慣れないうちは防寒着やカイロなど調整できるアイテムも一緒に持って行くのがおすすめです。

また、テントで眠る際にはマットも必要となります。素材によってクッション性や断熱性が異なるため、季節によって選びましょう。

ランタン

手元や先を照らすランタンも必須アイテムと言えます。ソロキャンプでは基本的に周りの助けがないため、忘れずに用意しましょう。

慣れないうちは、使い勝手の良いLEDランタンで事足ります。また、両手をフリーにできるヘッドライトがあると便利です

テーブル・椅子

料理やくつろぎの時間に必要なのが、テーブルや椅子です。ソロキャンプではテーブルもコンパクトなものを選ぶのがおすすめですが、ローテーブルとローチェアにすればさらにコンパクトにまとめられます。

調理器具・食器

調理器具や食器も、コンパクトなものを選びましょう。
ゴトクが一緒になったタイプのガスバーナーを使えば、大抵の料理を作ることができ、持ち運びもかなりコンパクトになります。
また、鍋や食器類は一緒にスタックしてコンパクトに収納できるタイプがおすすめです

焚き火台

焚き火を楽しむ場合は、焚き火台も必要です。多くのキャンプ場では、直火が禁止となっているためです。

コンパクトな焚き火台も多く売られているため、ソロキャンプではそういったタイプを選びましょう。種類によっては、そのまま料理に使えるタイプもあります。


ソロキャンプのキャンプ場の選び方

ソロキャンプを始めたいと思ったら、キャンプ場は次の2点を考慮して選びましょう。

1つ目は、できるだけ近場のキャンプ場を選ぶこと
慣れないうちは設営や撤収に時間がかかるなど、想定外のことが起きがちです。移動でさらに疲れることがないよう、近場のキャンプ場から始めるのがおすすめです。

もう1つは、高規格キャンプ場を選ぶこと
高規格キャンプ場とは、入浴施設があったり、炊事場が整っていたり、管理人が24時間常駐していたりなど、設備や体制が整ったキャンプ場のことを言います。慣れるまでは、こういった快適に過ごせるキャンプ場でソロキャンプを楽しみましょう。


ソロキャンプの注意点

ソロキャンプは1人の時間を楽しめるという大きな魅力があるものの、失敗やリスクもすべて1人で抱えなければなりません。
例えば、天候についてはグループキャンプ以上に注意を払いましょう。防寒対策はもちろん、悪天候時に事故にあわないよう無理に決行しないことも大切です

また、怪我にも十分に気をつけます。万が一刃物で怪我をした場合などに備え、応急手当のキットを持っておくのがおすすめです。キャンプ場に自分の他に誰もいないということは稀なので、困ったら周りに相談するようにしましょう。


女子ソロキャンパーも増えている

ソロキャンプの中でも、近年は女子のソロキャンパーも増加傾向にあります。1人でも比較的安全に楽しめる高規格キャンプ場が増えてきたことや、可愛くおしゃれなキャンプ道具が充実してきたことが原因だと言えるかもしれません。

女性がソロキャンプを楽しむ場合は、慣れるまでは高規格キャンプ場を選ぶようにしましょう
また、ソロキャンプの中でもソロ同士が集まるオフ会のようなキャンプもおすすめです。テントはそれぞれ1つなので基本的には自由に過ごしつつ、困ったことがあればすぐに助け合えることができ、気分が向けば真ん中に置いた焚き火の周りに集まることもできます。


安全に気をつけつつ1人を楽しもう

グループキャンプとは違い、1人の時間を心ゆくまで楽しめるのがソロキャンプの魅力です。近年は1人を楽しむソロキャンパーも増えており、インスタグラムを見るなどしてソロキャンプのコツやおしゃれな楽しみ方を調べることもできます。

キャンプ場の中にはソロキャンプ用のサイトや料金体系を用意しているところもあるので、こういったところを利用するのもおすすめです。





コラム一覧へ戻る

ページのトップへ