アメリカやオーストラリアでキャンピングカーの旅!海外での免許は?

キャンピングカーコラム

アメリカやオーストラリアでキャンピングカーの旅!海外での免許は?


カテゴリー:


広大な土地を持つアメリカやオーストラリアでは、キャンピングカーが日本よりも広く普及しています。そのため、思い出に残る海外旅行にするには、キャンピングカーをレンタルする方法が大きな選択肢のひとつです。今回は、海外でキャンピングカーを乗るにはどのように免許を取ればいいのか、キャンピングカーはどう借りればいいのか、アメリカやオーストラリアではどんな旅行が楽しめるかについてご紹介します。


海外でキャンピングカーに乗るには?

日本でも存分に楽しめるキャンピングカーの旅ですが、土地が広く、一般家庭にまでキャンピングカーが普及しているアメリカやオーストラリアではスケールの大きい、一味違った旅行が楽しめます。道が広いだけでなく、キャンピングカーを駐車するためのRVパークが多く、キャンピングカーで移動する人のための設備も整っているためです。

海外でキャンピングカーを運転するには、もちろん日本の免許証をそのまま持っていくことはできませんが、簡単な手続きで国際免許証を取得することができます。

海外でキャンピングカーを運転するには

日本で取得した自動車免許証で運転できるのは日本国内のみですが、国際免許証を取得すれば、ジュネーブ条約に加盟している国での運転が可能になります。国際免許証は自身の住民票がある各都道府県の運転免許センターや運転免許試験場などで申請すれば、特に検査などもなく、その日のうちに発行されます。警察署で申請した場合は、数日後に国際免許証が発行されます。国際免許証の有効期限は、1年間です。

ジュネーブ条約に加盟している国は多く、アメリカやオーストラリアはもちろん、カナダやニュージーランド、フランス、ドイツ、韓国、アルゼンチン、エジプトなど、96ヶ国の国々で国際免許証が使えます。

国際免許証の取得に必要なもの

運転免許センターなどで国際免許証を申請する際は、以下のものを持参します。

・日本の運転免許証
・パスポートや公用出張証明書など
・写真(6ヶ月以内のものなど、諸条件あり)
・手数料(2,000~3,000円程度)

都道府県により手数料が異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。


海外でのキャンピングカーのレンタル方法


国際免許証を取得すれば、海外でもキャンピングカーを運転できるようになります。海外でのキャンピングカーのレンタル方法は、日本にある代理店で借りるか、代理店を通さずに自身で借りるかの2通りです。

日本の代理店で予約する場合は、渡航する前に予約を済ませることができ、日本語で対応してもらえるので安心ですし、便利です。英語のWebサイトで予約するのは難しい、現地で一から予約することに不安があるという方は日本の代理店で予約しましょう。予約の際に、宿泊施設やルートなど不安なことを日本語で相談できることも日本の代理店で予約するメリットと言えます。

代理店を通さない場合は、Webサイトから予約するか、現地の店舗で直接レンタルする方法があります。ホリデーシーズンに旅行を計画しているなら、混み合ってレンタルすることができなくなってしまうことを防ぐためにも予約するのがおすすめです。アメリカやオーストラリアは店舗数もキャンピングカーの台数も多いため、混み合う時期でなければ現地に行ってからレンタルすることもできます。その場合は、実際にキャンピングカーを見ながら検討できるというメリットがあります。
なお、レンタル料金は一般的に、代理店を通さずに自身でレンタルするほうが安くなります。


アメリカのキャンピングカー事情

魅力1:自分だけの自由な旅行が楽しめる

アメリカは土地がとても広く、観光地を巡ろうとすると移動距離が長くなるため、ツアーでは行ける観光地が限られます。また、通常の自動車で移動する場合も、宿泊場所の兼ね合いでたくさんの観光地は巡れません。その点、キャンピングカーであれば宿泊場所を気にしなくてもいいため、旅行の自由度が高くなります。例えば、近くに宿泊施設のないモニュメントバレーにキャンピングカーを停め、満天の星空を楽しむといった旅行計画を立てることが可能です。

魅力2:ホテルに泊まるより安く済む

どのタイプのキャンピングカーを借りるか、何人で行くのかなどにもよりますが、キャンピングカーを利用するとホテルに泊まるよりも旅行費用が安く済みます。キャンピングカーであれば朝と夜の時間も有効活用できるため、旅行費用を抑えつつ貴重な時間を最大限に楽しみたい方にはキャンピングカーがおすすめです。

魅力3:RVパークを最大限活用できる

RVパークとは、レクリエーショナル・ビークルパークのことで、車中泊が公認されている駐車場です。日本でも近年増えてきたRVパークは、アメリカだと一万ヶ所以上あると言われており、停める場所に悩むことなく快適に旅行ができます。

数が多いだけでなく、アメリカのRVパークは設備が充実しています。清潔な水を補給したり排水を流したりできるだけでなく、多くのRVパークではシャワーや電源、Wi-Fiなどが整備されています。RVパークを拠点に観光を楽しんだり、補給や休憩に立ち寄ったりといった活用が可能です。

注意点1:ピックアップの時間に注意

アメリカでキャンピングカーをレンタルする際は、車両を受け取る「ピックアップ」の時間がだいたい午後1時~午後4時の間と決まっています。また、手続きやレンタルに関する説明、運転方法などを確認するビデオの視聴などに1時間半~2時間ほど必要ですので、キャンピングカーをレンタルしたその日はほとんど観光できないこともあります。予約をしている場合は、事前に電話してピックアップ時間の交渉をすることで早めてもらえる可能性があります。

注意点2:慣れるまでは余裕を持つことが大切

大きな車体を持つキャンピングカーも慣れれば運転が難しいことはありませんが、アメリカは左ハンドル右車線であるため、運転に慣れるまでは余裕を持って走行することが大切です。旅行計画も、初日や2日目は移動距離を短めにしましょう。


オーストラリアのキャンピングカー事情

続いて、オーストラリアのキャンピングカー事情における魅力と注意点についてご紹介します。

魅力1:停められる場所が多い

アメリカと同様に土地が広大なオーストラリアですが、キャンピングカーが普及していることも同様であり、停められる場所が非常に多くあります。RVパークやキャンプ場の数が多いだけでなく、近くのRVパークが満車で入れない場合はガソリンスタンドに停めて宿泊することも可能です。ガソリンスタンドによっては、シャワーやWi-Fiが整備されています。また、市街地を走る場合も多くの駐車場が整備されています。

魅力2:右ハンドル左車線で運転しやすい

オーストラリアはアメリカと違い、日本と同じ右ハンドル左車線なので、日本と近い感覚で運転できます。もちろん運転や道に慣れるまでは注意が必要ですが、長距離の移動では大きな安心材料となります。

注意点1:駐車違反に厳しい

オーストラリアで駐車場所に困ることは少ないと言えますが、その代わり、駐車違反に対する取り締まりは日本よりも厳しいため注意が必要です。また、日本とは違って駐車場はあらかじめ利用時間が決まっていることが多く、有料駐車場の場合は先払いであるため違反しないよう注意しましょう。

注意点2:RVパークは事前予約するのがいい

オーストラリアはRVパークが多いと言っても、アメリカよりは少なく、設備の良いRVパークは停められないことも多くあります。特に市街地付近は埋まりやすい傾向にあるため、事前予約するのがおすすめです。


よく調べてキャンピングカーの旅を楽しもう

日本の運転免許証があれば、簡単な手続きで国際免許証を発行してもらうことができ、アメリカやオーストラリアなどでキャンピングカーの旅が楽しめます。思い出に残る楽しい海外旅行にするには、事前の準備が重要ですので、渡航前にアメリカやオーストラリアのキャンピングカー事情、交通事情についてよく調べておきましょう。



コラム一覧へ戻る

ページのトップへ