冬キャンプを快適に!暖房器具の種類や選び方、注意点をご紹介

キャンピングカーコラム

冬キャンプを快適に!暖房器具の種類や選び方、注意点をご紹介


カテゴリー:
タグ:


キャンプのハイシーズンは依然として夏ですが、近年は冬キャンプの魅力も注目されてきています。温かいキャンプご飯や雪景色など、夏にはない魅力のある冬キャンプですが、楽しむためには寒さ対策が非常に重要です。今回は、冬キャンプを楽しむために押さえておきたい暖房器具や暖房グッズについてご紹介します。


冬キャンプの暖房器具の種類


冬キャンプを暖かく過ごすためには、暖房器具が必要不可欠です。冬キャンプで活躍する暖房器具には以下のようなものがあるので、選ぶ際の参考にしてください。

薪ストーブ

薪を燃やして暖を得るタイプのストーブです。ストーブの炉内に薪を入れて火を付けることで使用でき、冬キャンプに使用できる暖房器具の中でも随一の暖かさを誇ります

薪ストーブにはその暖かさの他に、燃える薪をゆったりと眺めることができる、商品によってはストーブの上で料理や湯沸かしができるといったメリットがあります。冬キャンプに風情を求めるならぴったりで、いつでもお湯が沸かせる点も便利です。

ただし薪ストーブはその他の暖房器具と比べて高価なことが多く、使用する際も必ず薪を買う必要があります。また、テント内で使う際は煙突を正しく設置して外に出さなければ一酸化炭素中毒やテント燃焼の危険性があります。メンテナンスや設置、撤収にも手間がかかるため、きちんと注意事項を押さえた上で不便を楽しみたいという方におすすめです

石油ストーブ

手軽に使用できて、家族で使うような大きいテントを暖めたい場合におすすめなのが石油ストーブです。家庭用に普及している石油ストーブと同じものであり、自宅にある場合はそのまま持って行くこともできます。

石油ストーブを持ち込めば、灯油を満タンにしておくことで一晩中稼働するため、テント内を暖かく保つことができます。上記の薪ストーブは薪を継ぎ足すことができない就寝中にどんどん冷たくなっていくため、石油ストーブを併用する方も多くいます。

ガスストーブ

ガスストーブは、カセットガスを使って暖を得るタイプの暖房器具です。薪ストーブや石油ストーブと比べると暖房効果は小さいですが、さまざまなタイプの商品が発売されており、1人や少人数でなら暖かく過ごせます

ガスストーブには、ポータブル扇風機のように簡単に持ち運びできて手軽に手元・足元を暖められるタイプや、周囲を広く暖められるタイプなどいろいろあるので、用途や人数に合わせて選ぶようにしましょう

セラミックヒーター

電気を使って暖を得られるのが、セラミックヒーターです。電源サイトありのキャンプ場を選ぶか、蓄電池や発電機を持ち込んで電源を確保する必要はありますが、手軽にテント内を暖かくすることができます。

暖かさは薪ストーブや石油ストーブに比べると弱いこともありますが、後にご紹介する防寒グッズも組み合わせれば十分な防寒効果が得られます。また、テントの大きさや人数に合わせて適切なサイズ・出力のセラミックヒーターを選ぶこともできます。


冬キャンプで暖を得るための便利グッズ


冬キャンプでは上記のような暖房器具の他に、さまざまな防寒グッズを組み合わせて暖かく過ごせるように工夫します。ここでは、定番のおすすめグッズをご紹介します。

湯たんぽ

シュラフと合わせて寝るときに使いたいのが、湯たんぽです。湯たんぽを使うことでシュラフ内の暖かさは段違いであり、大きめの湯たんぽを使えば朝まで暖かさが長続きします

湯たんぽであればどんなものでも使えますが、直火ができるタイプだとお湯を沸かして入れる手間がなく、楽に準備できます。

分厚い銀マット

上記の暖房器具を使うことでテント内を暖かくすることができますが、冬キャンプで注意しなければならないのは底冷えです。地面からの冷気をシャットアウトするのに便利なのが、銀マットです。

断熱効果を期待するためには、できるだけ分厚い銀マットを用意するのがおすすめ。銀マットを一番下に敷いておけば冷気を遮断してくれるので、底冷えの心配がなくなります。また、分厚い銀マットはクッション性を増す効果もあり、寝心地を改善することもできます。

ポータブル電源

電源があれば、電気を使ってさまざまな防寒グッズが使えるようになります。通常は電源付きサイトを選ぶことで電源を使用できますが、ポータブル電源があれば電源サイトでなくとも電気を使用できます。ポータブル電源には蓄電池や発電機などがありますが、使い勝手や騒音を考えると蓄電池がおすすめです

ポータブル電源があればセラミックヒーターが使える他、電気毛布を使えます。電気毛布は通常の毛布よりも確実に暖かさを確保できるため、冬キャンプではおすすめです。上記の銀マットの上からホットカーペットを敷くことでも、さらに暖かさを確保できます。


冬キャンプの暖房器具の選び方

ここでは、暖房器具や防寒グッズの選び方についてご紹介します。

どこで使用するかで選ぶ

暖房器具をどこで使用するかによって、適した暖房器具やグッズが変わります。

テント内で使用する際は、安全に使用できる電化製品がおすすめです。セラミックヒーターや電気毛布、ホットカーペットなどを使ってテント内を暖かくします。
その他の暖房器具、薪ストーブ・石油ストーブ・ガスストーブは燃焼や一酸化炭素中毒の危険性があるため、基本的にはテント内での使用は控えるべきとされています。十分な安全性を確保できなければ、屋外で使用するようにしましょう。

人数で選ぶ

冬キャンプに繰り出す人数によっても、適した暖房器具やグッズは変わります。

1人や少人数で使用する場合は、比較的効きが弱いとされているセラミックヒーターやガスヒーターでも十分に暖かくなります。銀マットも少人数が寝られる分だけを用意すれば問題ありません。
家族でのキャンプなど、ある程度の人数がいる場合は薪ストーブや石油ストーブを使うことでしっかりと暖かさを確保できます。薪ストーブや石油ストーブでテント内を暖める場合は、換気などに十分注意しましょう


冬キャンプで暖房器具を使用する際の注意点

冬キャンプでは暖房器具や防寒グッズを使用することで暖かさを確保できますが、使用する際には十分な注意が必要です。

一酸化炭素中毒に気をつける

石油ストーブやガスストーブを使用すると一酸化炭素が発生するため、テント内を暖める際には十分な換気が必要です。ベンチレーターのないテントの場合は、入り口を開けておくなどの工夫をしましょう。万が一に備え、一酸化炭素チェッカーは必須アイテムとなります

また、熱でテントが燃えてしまうこともあるため、各暖房器具はテントの布地に近づけないようにしましょう

防雨タイプの延長コードを使う

ポータブル電源を持ち込むのではなく、サイトにある電源を使用する場合はテントに引き込むための延長コードが必要です。冬に限ったことではありませんが、雨や雪によりコードが濡れると漏電の恐れがあるため、自宅にあるものではなく屋外での使用に適した防雨タイプの延長コードを使用しましょう


冬キャンプを暖かく安全に楽しもう

夏にはできないさまざまな体験ができる冬キャンプですが、楽しむためには防寒対策が重要です。今回ご紹介した暖房器具や防寒グッズを持って行けば冬でも暖かく過ごせるので、ぜひ参考にしてください。安全のためには一酸化炭素中毒などに注意する必要もあるので、これらの注意点についてもきちんと把握しておきましょう。





コラム一覧へ戻る

ページのトップへ