自分にぴったりを探そう!キャンピングカーの内装を見るポイント

キャンピングカーコラム

自分にぴったりを探そう!キャンピングカーの内装を見るポイント


カテゴリー:

自動車にキャンピング機能を架装したキャンピングカーには、選ぶポイントが多くあります。その中でも、内装の充実度は特に重要なポイントです。今回はキャンピングカーの内装について、種類別にその特徴をご紹介します。


内装で選ぶキャンピングカー

キャンピングカーは、車内にベッドやキッチン、テーブルなどの家具を設置して自動車に居住性をプラスしています。大人数でのキャンプや家族旅行、1人で楽しむ車中泊などキャンピングカーの使用用途は千差万別ですが、「車内で過ごす」点は大きな共通点です。そのため、キャンピングカーを選ぶ際は、どのような内装を備えているのか、その設備や装備は自分の目的に合っているものか、十分快適に過ごせるかなど、内装に注目して選ぶのがおすすめです。内装をあまり吟味せずに選ぶと不便さを感じてしまう可能性がありますが、よく吟味してぴったりのキャンピングカーを選べばアウトドアを長く楽しめます。

なお、キャンピングカーの種類によっては内装の充実度よりもコンパクト性を重視していたり、走行性能が二の次だったりするため、総合的に見て判断することが大切です。その上で、以下では内装を見るポイントについて見ていきましょう。


キャンピングカー種類別の内装の特徴

キャンピングカーは、ベースとなる車両や架装の方法によっていくつかの種類に分かれています。ここでは、種類ごとに内装の特徴をご紹介します。

キャブコン

キャブコンは、キャブ(運転席部分)を残して車体の後部を架装して作ったキャンピングカーです。キャンピングカー仕様のボディを取りつけているので、車体が大きく、キャンピングカーらしい見た目をしています。

そんなキャブコンの内装を見てみると、まずは広々としたスペースが目に留まります。多くのモデルは成人男性が立っても天井に頭を打つことなく、縦横にも十分なスペースが確保されています。まるで住宅の一室を訪れたかのような広さが特徴です。
キャブコンの多くのモデルは、リビングスペースやキッチンスペース、就寝スペース、レストルームなどが設けられています。それぞれの家具は限られたスペースを有効活用するようにデザインされており、自由に使える収納スペースも多く確保されています。それでいてリビングスペースのソファは自宅のようにくつろげたり、シングルサイズ以上のベッドで眠れたりと、快適さが追求されているのも特徴です。

キャブコンでは内装がかなり充実しているため、どの設備や機能があれば快適に過ごせるか、あるいは自分にとってどの設備や機能が不要かを選択できます。キャンピングカーは長く使うことになるため、納得のいく内装を選択しましょう。

バスコン

バスコンは、マイクロバスなどの内部を架装して作ったキャンピングカーです。マイクロバスをベースとしているためキャブコンよりもスペースが広く、広い車内を贅沢に使った高級キャンピングカーが多く販売されています。

バスコンはもともと10人以上や20人以上を運搬できるスペースを居住スペースとして架装しているため、ベッドやキッチン、リビングスペースなどが広々と贅沢に作られています。例えばベッドでは、クイーンサイズやキングサイズのベッドを備えているモデルもあります。家具の素材も上質なものを使用しており、質感やデザインの良さを追求している点も大きな特徴です。シャワーやトイレを備えたレストスペースのあるモデルを選べば、長期の旅行でも快適に過ごせます。
このような特徴から、バスコンは「車にキャンピング機能が搭載されている」というよりは「家が動いている」という印象を与えます。家を持たず、バスコンに住んで生活することも十分に可能です。

バスコンの内装はこのように充実しているため、キャブコン同様、快適性を重視して設備や機能を取捨選択できます。バスコンを選ぶなら、楽しいキャンピングカーライフになるよう、快適な使い勝手にとことんこだわることがおすすめです。

バンコン

バンコンは、主に商用に使われるバンをベースにしたキャンピングカーです。バンは乗用車と比べると大きいですが、バスコンやキャブコンに比べると車内スペースは狭くなります。一方で、バンコンは外装に手を加えずに内装のみキャンピングカー仕様に架装する特徴から、比較的安価にキャンピングカーライフをスタートできるメリットがあります。

そんなバンコンの内装は、限られたスペースで使用用途を果たせるよう、設備や家具が厳選されて設置されています。例えば、ベッドは大きいサイズを置くことはできず、普段は壁際に収納して使うときに展開する形を取っているモデルも多くあります。
設備や家具、機能が制限されていることから、バンコンの内装にはそれぞれテーマがあると言えます。例えば、快適に調理ができるように使いやすいキッチンや十分な容量のある冷蔵庫を設置しているモデルもあれば、運転席と助手席を回転式にしてリビングスペースを広く使えるようにしたモデルもあります。

バンコンを選ぶ際は、自身にとってどの設備や機能が必要で、どの設備や機能を省くことができるかをよく吟味することが大切です。そうすることで使い方にマッチしたモデルを選ぶことができるため、比較的小さいキャンピングカーでも存分にアウトドアを楽しめます。

トラキャン

トラキャンは、車両と居住スペースが分離しているタイプのキャンピングカーです。車両は荷台を持つトラックを使い、シェルと呼ばれる居住スペースを荷台に乗せて走ります。分離しているため、アウトドアに出かけないときはシェルを下ろしてトラックだけ使うことも可能です。

そんなトラキャンは輸入モデルが多く、大型のモデルが多く作られているため、内装もかなり充実しています。例えば、トラキャンのシェルの多くは荷台から運転席側に大きくはみ出す「バンク」を持ち、中は2~3人が余裕をもって寝られるバンクベッドになっています。
ただし、バンコンと同様に設備や機能が取捨選択されている部分もあります。日本ではあまり広まっていないトラキャンですが、選ぶ際は、バンコンと同じく自分にとっての要不要をよく吟味することが大切です。

軽キャンパー

軽キャンパーは、軽自動車をベースに架装したキャンピングカーです。軽自動車は車体が小さいため、上記にご紹介した他の種類と比べると設備を詰め込めませんが、その分安価に購入できるメリットがあります。

そんな軽キャンパーの内装は、スペースが限られているため、主にリビングスペースで構成されています。ベッドはソファの背もたれを倒すなどして展開し、多くのモデルは2人まで就寝できます。収納スペースはあまりなく、リビングスペースを上手に活用することになります。
ただし軽キャンパーでも快適さを諦める必要はなく、4人が就寝できるモデル、ポップアップルーフを架装することで天井のスペースでもベッドが使える、小型ながらキッチンを設置するなど、どのモデルでも工夫がなされています。

軽キャンパーは車内スペースが広くないため、選ぶなら少人数での利用を想定している場合がおすすめです。内装に強いこだわりはなく、小回りの利く車体でアウトドアを楽しみたいという場合は、軽キャンパーは大きな選択肢となります。設備や機能は他の種類と比べるとどうしても劣るため、自分に必要なオプションを追加するなどして不便なく過ごせるキャンピングカーに仕立て上げましょう。


内装が“ぴったり”だと長く使える

キャンピングカーにはさまざまな種類やモデルがあり、それぞれで内装の広さや種類、快適さ、高級感などが異なります。車体の大きいキャンピングカーほど内装を充実させやすいですが、大きければ良いというものでもないため、自分のスタイルに“ぴったり”な内装を探すことが大切です。そうすることで愛着が湧き、キャンピングカーを使ったアウトドアを長く楽しめるようになります。



コラム一覧へ戻る

ページのトップへ