キャンピングカーの魅力を広げるルーフテントってどんなアイテム?

キャンピングカーコラム

キャンピングカーの魅力を広げるルーフテントってどんなアイテム?


カテゴリー:

キャンプの醍醐味と言えば、自宅とは違う環境を楽しみながら過ごすことでしょう。しかし、キャンプ地や旅先で快適に過ごせる空間を確保することは大変で、自宅のようにゆっくり休んだり眠ったりすることは難しいものです。そんなキャンプにおける悩みを大きく改善してくれるのが乗用車にも設置できる「ルーフテント」であり、キャンプ中でも快適に過ごすことができる空間が完成します。そこで、今回はキャンプをする際に役立つルーフテントの魅力と上手な選び方についてご紹介します。

オーバットップテントはこちら


ルーフテントとは

ルーフテントとは、車の屋根に設置するテントのことです。車の上にテントを設置するとなると大がかりになるイメージがあるかもしれませんが、使わない時はコンパクトに畳むことが出来ます。テントは簡単な操作で開閉できるため気軽に現地で使用することができます。また、ルーフテントの中にはマットレスが敷かれて商品が多く、寝袋やシーツ、毛布を用意すれば、自宅での寝室と変わらない寝心地で快適に過ごすことができます。

オーバットップテント「マグタワー」はこちら

オーバットップテント「マグシェル」はこちら

オーバットップテント「ルーフトップテント」はこちら



ルーフテントはキャンピングカーにも設置できる

ルーフテントはキャンピングカーが欲しいけど金額的に購入できない方が愛車につけるイメージがありますが、キャンピングカー自体にもルーフテントをつけてさらに広々と快適なキャンプを楽しむことが可能です。
最初から広さが十分に確保できているキャブコンなどの大きなサイズのキャンピングカーには必要ないかもしれませんが、軽キャンピングカーなどの広さにやや物足りなさを感じるキャンピングカーにはルーフテントの設置をおすすめします。特に家族が多くてキャンプへ行く際はキャンピングカーだけで全員眠ることができない、テントを設営するのが大変と感じている方はルーフテントの設置を検討してみてもいいでしょう。


ルーフテントをキャンピングカーにつけるメリットと注意点

よく車中泊をする方や、キャンプをする方にとって魅力的なルーフテント。こちらでは、ルーフテントのメリットとあわせて、ルーフテントを購入する際に知っておきたい注意点をいくつかご紹介します。

ルーフテントのメリット

コストパフォーマンスがいい

ルーフテントのメリットのは、コストパフォーマンスが良い点です。現在所持しているキャンピングカーでは少し狭いからもっと快適に過ごせるように改良したい、買い替えたいと考えた場合におすすめです。ルーフテントを設置するだけでコストパフォーマンス良く快適に過ごせるようになるため、キャンピングカーを買い替える前にルーフテントの設置を検討することをおすすめします。

車内よりも風通しがいい

ルーフテントは車の上に設置をするため、車内よりも風通しがよくエアコンをつけなくても小型扇風機を置けば涼しく過ごせるでしょう。また、ルーフテント自体が地面から離れた場所にあるため地面からの熱が伝わらないのも涼しく快適に過ごせる理由のひとつです。

簡単に設置ができる

ルーフテントはハンドルやボタンで展開できます。展開方法はルーフテントの種類によりますが、基本的にキャンプ場でテントを設営するよりも早く簡単に利用できます。

平らな場所で眠ることができる

車内やテントで眠る場合、土やシートの段差が気になり快眠ができないことが多いでしょう。しかし、ルーフテントは車の上に設置するため、平らなスペースを作り出すことができます。そこにシーツや寝袋を敷けば家で眠るのと変わらない睡眠場所を確保できます。

ルーフテントの注意点を押さえよう

高さ制限に気をつけよう

車の上に設置するルーフテントは、高さ制限のある駐車場や洗車機などが利用できなくなる可能性が高いです。また、元々キャンピングカー自体に高さがあるため、テントを取りつけた後の高さは予め計算しておくようにしましょう。

ルーフキャリアの重量制限に気をつけて選ぼう

ルーフテントを取りつけるためには、車にルーフキャリアという部品を取りつけなければいけません。ルーフテントを選ぶ際は、このルーフキャリアで積むことができる重量を調べてから選ぶようにしましょう。

設置後の走行は安全運転に気をつける

ルーフテントを取りつけた後は、車体が高くなり車全体の重量も増えます。そのため、運転時に多少影響がでる可能性が高いです。コーナーを曲がる際やブレーキを踏むときはルーフテントがあることを考慮して安全運転に努めましょう。

揺れが大きい

風や人の寝返りなどで揺れやすい作りになっているため、揺れに敏感な方は眠りにくいと感じる可能性があります。特に、車内で寝る方とルーフテントで寝る方で分かれていると、車内の動きがほぼダイレクトで伝わってしまうため注意が必要です。

防寒対策はしっかりと行う必要がある

先ほどは風通しがいい点をメリットとしてご紹介しましたが、冬の場合は屋外と気温が変わらない環境で眠ることになるためしっかりと防寒対策を行う必要があります。寝袋や毛布だけではなく、湯たんぽやマフラー、頭を守ってくれる帽子などを用意しておきましょう。


ルーフテントの種類

シェル型

シェル型は側面が三角形になっているタイプのルーフテントで、ダンパー式による開閉のため展開・収納が楽に行えるのが特徴です。少し小さめですが、1人や2人なら快適に過ごすことができます。また、ルーフテントを閉じた際も中に少しゆとりがあるため、ちょっとした荷物を入れて閉じることも可能です。ただ、三角形をしているため、広さ関しては他の2種類に比べてやや狭く、シェル型のルーフテント内で家族が会話を楽しむようなことは難しいでしょう。しかし、寝室をメインと考えたルーフテントを探している場合は、シェル型のルーフテントは設置がしやすくお手軽でおすすめです。

オーバットップテント「マグシェル」はこちら


タワー型

タワー型は長方形の形をしていて、全体的に広々とした空間が魅力的です。四方に網戸の窓があり風通しがいいため夏のキャンプでも快適に過ごせます。ハンドルを回し、ボタン操作をして開閉する方法が基本でした。しかし最近はダンパー式のタワー型ルーフテントも登場しており、簡単に展開が行えるようになり、広さと設営のしやすさが備わりました。また、布団を敷いたまま収納することが可能で、寝床のセッティングが簡単な面も魅力のひとつです。

オーバットップテント「マグタワー」はこちら


トップテント型

ルーフテントの種類の中でも、テントをそのまま車の上にのせたように広々と使用できるのがトップテント型のルーフテントです。大人2人であればのびのびと快適に過ごすことができる空間を確保できます。また、サイドオーニングなどもあわせて設置すれば、キャンプスペースやプライベート空間を広げることができます。本格的なキャンプをしたい方、家族全員でキャンピングカーに乗って快適に過ごしながら回りたい方におすすめのルーフテントです。

オーバットップテント「ルーフトップテント」はこちら



ルーフテントを設置してキャンピングカーをより快適にしよう

ルーフテントは、乗用車やワゴン車などに設置して、キャンピングカーのように車で寝泊まりができる環境を作るためのアイテムです。しかし、キャンピングカーを所持している人でも、より快適にキャンプや旅行を楽しむためにルーフテントを取り付ける場合があるようです。
ルーフテントを設置する際は、購入前に確認しておきたい点があることがわかりました。購入を考えている方は是非今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。
また、最初からルーフテントが設置されているキャンピングカーを販売しているところもあります。これからキャンピングカーの購入を考えている方や快適にキャンプができる環境を整えたいと考えている方は、ルーフテントやルーフテントを設置しているキャンピングカーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。



コラム一覧へ戻る

ページのトップへ