キャンピングカーの個人売買はあり?買取サービスや委託販売と比較

キャンピングカーコラム

キャンピングカーの個人売買はあり?買取サービスや委託販売と比較


カテゴリー:


キャンピングカーは新車で買う以外にもさまざまな購入方法があり、個人売買はそういった方法のひとつです。反対に、キャンピングカーを買取ってもらいたいと思った場合にも、個人売買で取り引きをすることができます。しかし個人売買には注意点が多くあるため、キャンピングカーを個人売買する際にはよく考慮する必要があります。今回は個人売買のメリットやデメリット、その他の売却手段についてご紹介します。


キャンピングカーを個人売買するメリット

まずは、キャンピングカーを個人売買にて取り引きするメリットを売る側と買う側に分けてご紹介します。

売る側のメリット

買取会社や販売店でキャンピングカーを売却する場合、まず査定を行います。この査定額にどうしても納得できない場合には、個人売買にて欲しい人に直接買取ってもらうという選択肢があります。本当に欲しいと思っている人が見つかれば、買取査定よりも高い値段で手放せる可能性があります。

また、親戚や友人など親しい人がキャンピングカーを欲しがっている場合にも個人売買ができます。個人売買であれば必要な手続きも特にないため売買が素早く、すぐに次の人に使ってもらうことが可能です。

買う側のメリット

買う側にとっては、買取会社などを通さないことにより手数料などの諸費用がなくなり、中古車販売店で買うよりも安く購入できる可能性があります

また、売り手が親戚や友人などであれば、買取った後に使い方やメンテナンスで困ったことがあれば相談ができるというメリットもあります。


キャンピングカーを個人売買するデメリット


個人売買には上記のようにメリットもありますが、デメリットもよく考慮する必要があります。

売る側のデメリット

キャンピングカーの個人売買は、基本的には個人売買サイトなどを通して顔を知らない相手と行うため、売却できれば特に問題はないと言えます。しかし、万が一買い手との間でトラブルがあった場合、仲介してくれる業者はないため、自己責任で対処しなければなりません

他には、買い手のほうが名義変更を怠り、自動車税の納付通知書が届くといったトラブルも考えられます

顔を知っている相手との個人売買の場合は、高額のやり取りとなるため、親しいがゆえのトラブルに発展することもあります。

買う側のデメリット

キャンピングカーを個人売買で購入すると、基本的には何も保証がない状態となります。故障すればすべて自身で対処しなければならず、「保証します」という条件で取り引きをしたとしても反故にされる可能性は否定できません。購入前のやり取りでは特に問題なさそうだと思っても、事故車や盗難車を購入させられてしまう可能性もあります。

明らかに不当な取り引きであれば無条件でキャンセルすることも可能ですが、その手続きは自分で行わなければならず契約書に「欠陥や故障に関する責任は負いません」などの文言があればキャンセルすることも難しくなります

親しい相手との個人売買の場合は、売り手同様、不要なトラブルに発展することも考えられます


個人売買以外にキャンピングカーを売却する3つの方法


個人売買では場合によっては高額の売却が期待できるものの、上記にてご紹介したようにさまざまなリスクを考慮する必要があります。ここでは、個人売買以外の3つの売却方法についてご紹介します。

下取り

下取りは、新しいキャンピングカーを購入する際に、その支払い金額に充当するために古いキャンピングカーを引き取ってもらうための仕組みです。キャンピングカーに限らず、自動車を買い替える際には下取りが選択されることが多くあります。

下取りのメリットは、古いキャンピングカーを手放す手続きと新しいキャンピングカーを購入する手続きを一度に行える点です。契約書類も少なく済み、面倒を少なくした上でキャンピングカーの買い替えを行うことができます。新しいキャンピングカーを選んでいる間に下取りの査定を行ってくれるため、時間の節約にもなります。

下取りの査定では、販売店ごとに設定されているベースの下取り金額をもとに、走行距離や装備品の有無、パーツの劣化具合などを見て金額が設定されます。なお、次にご紹介する買取や委託販売に比べると査定金額は低めになる傾向があります。

買取

買取専門の業者や販売店にキャンピングカーを査定してもらい、買取ってもらうことができます。下取りとは違い、売却と購入を別々に行う必要がありますが、やり方によっては高額での買取も期待できます。新しいキャンピングカーに乗り替えるわけではなく処分する場合は、こちらを選択することになります。

買取では、複数の買取業者に査定を依頼し最も高い査定額を提示したところで売却するという相見積もりができるため、近年は下取りよりも買取を選択するケースが増加しています。車種によっては、その車種やシリーズの販売を得意としている業者に査定してもらうことで他より断然高い査定金額を期待することもできます

また、多くの場合下取りよりも高い査定金額が提示されます。買取業者は買取ったキャンピングカーをメンテナンスして販売する必要がありますが、その販売ルートは確立されており、効率良く現金化できるためです。
一般的に、キャンピングカーは通常の自動車と比べて査定金額の値崩れが起きにくいという特徴もあります。キャンピングカーは商用車ベースの車種が多く丈夫に作られており、家具など内装面の評価点も多く、長く使い続けられるためです。

買取では基本的に無料で査定を行ってくれるだけでなく、名義変更などの契約手続きのサポートも期待できます

なお、キャンピングカーを買取に出す際はキャンピングカーに詳しい販売店や買取業者に依頼するのがおすすめです。キャンピングカーは通常の自動車とは異なる点が多く、専門業者に査定を依頼することで家具などの状態を正しく評価してもらえるようになります。

委託販売

キャンピングカーの売却方法として、委託販売も選択肢のひとつとなります。委託販売は販売店に一度キャンピングカーを預け、売却を代わりに行ってもらう方法です

買取や下取りの場合は販売店や買取業者がキャンピングカーを購入する形となりますが、委託販売ではあくまで一時的に預けるだけで、売却が成立するまで所有権は売り手自身にあります。販売店などは在庫リスクを抱えることがないため、売り手に入る売却金額は高めになる可能性がありますが、買い手がつかなければそのまま戻ってくるというリスクもあります

個人売買と比較すると、違いは販売店などが間に入っている点にあります。キャンピングカーは売り手から買い手へ直接売り渡されますが、仲介業者が入っているためトラブルの心配は少なく、手続きのサポートも期待できます

下取りや買取、委託販売でキャンピングカーを売却する際には、できるだけ査定金額を高くするために以下の記事もあわせてご覧ください。

少しでも高く手放す!キャンピングカー高価買取のポイントと買取手順


キャンピングカーの売却は買取サービスなどの利用がおすすめ

キャンピングカーを売却する際には個人売買という選択肢もありますが、高く売れる可能性があってもさまざまなトラブルが起こるリスクがあり、そのすべてが自己責任となります。安全に取り引きするためには、買取や下取りなどの正規のサービスを利用するのがおすすめです。

新車や中古車の販売を行っているフジカーズジャパンでも、キャンピングカーの買取を行っています。販売店直営の買取会社のため、キャンピングカーを正しく評価し、高い査定額で買取ることが可能です。詳しいことは以下のページからご確認ください。

キャンピングカー買取について



コラム一覧へ戻る

ページのトップへ