内装が豪華なキャンピングカー5選!車内でラグジュアリーな空間を楽しもう

キャンピングカーコラム

内装が豪華なキャンピングカー5選!車内でラグジュアリーな空間を楽しもう


カテゴリー:
タグ:

内装が豪華なキャンピングカー5選!車内でラグジュアリーな空間を楽しもうまるで一流ホテルのように隅々まで凝ったデザインで製作され、上質なインテリアが揃う高級キャンピングカー。車両内に一歩足を踏み入れれば、煩雑な日常や、旅行の疲れなどをすべて忘れさせてくれます。

高級キャンピングカーは、同じように「豪華」「ラグジュアリー(贅沢)」と表現されていても、その特徴がモデルによって異なります。
華やかできらびやかなのか、あるいはシンプルでスタイリッシュなのかなど、製作するビルダーの目指す美意識やポリシーにも深く関わっています。

今回の記事では、「豪華でラグジュアリーな内装の高級キャンピングカー5選」について解説します。
各ビルダーやモデルの、内装の魅力や車両設備、価格なども紹介するので、ぜひ参考にして下さいね。
※ご紹介する価格には諸費用は含んでおりません。

【1】内装が豪華なキャンピングカー2選!【国内ビルダー編】

最初に、国内ビルダーによって製作された高級キャンピングカーを紹介します。

(1)ASTRARE CC1(VANTECH)

「ASTRARE(アストラーレ)CC1」は、2023年12月時点での、VANTECH(バンテック)の最上位モデルです。
日本国内での走行性や機能性にとことんこだわったモデルのため、ベース車にキャラバン(日産)の上位グレードであるプレミアムGXを採用しています。

内装は、格調高さに定評のあるVANTECHならではのデザインに仕上げられています。
淡いグレーと深みのあるブラウンの2色を中心にまとめられており、他にはない洗練を感じられます。

また、全国各地に温泉のある日本に合わせて、内装からシャワールームを省き、その代わりに「マルチルーム」として自由に使える空間を作りました。

車両価格は、1,290万円からです。

(2)FOCS VERTICE(FOCS)

FOCS VERTICEフジカーズジャパンは、自動車の輸入・販売だけではなく、ビルダーとしてキャンピングカーの製作も行っています。「FOCS(フォックス)」は、そのオリジナルブランド名です。

生産拠点である北海道でも快適に過ごせる断熱技術の高さと、宮大工工法を用いているため、どのモデルも抜群の安定感や快適さを誇ります。

「VERTICE(ヴェルティス)」は、FOCSの最高傑作に位置付けられているだけあり、木目、淡いモスグリーン、そしてアイボリーを中心とした配色が、ナチュラルかつスタイリッシュな印象を与えます。
また、随所になだらかで品のある曲線が使われているので、穏やかに過ごせる空間になっています。

車両価格は、690万円(税込)からです。
FOCS VERTICEの詳しい仕様はこちら

【2】内装が豪華なキャンピングカー3選!【海外ビルダー編】

ここでは、海外ビルダーによって製作された高級キャンピングカーを紹介します。

(1)K-Yacht Tekno Line 86(Mobilvetta

「K-Yacht Tekno Line86」は、イタリア製らしい洗練と最先端技術が組み合わさった、プレミアムキャンピングカーです。

内装は、清潔感のある白を中心に、ダークブラウンやチャコールといったシックな色合いに絞られており、海外の一流ホテルを彷彿とさせます。
ビルダーである「Mobilvetta(モービルヴェッタ)」は、創業当時は家具メーカーだったこともあり、インテリアはどれも華やかさと機能美を両立したデザインになっています。

車両価格は、1,958万円(税込)からです。

(2)ZEFIRO 285TL(ROLLER TEAM)

ROLLER TEAM(ローラーチーム)は、イタリアの最大手キャンピングカーメーカーです。代表シリーズである「ZEFIRO 285TL(ゼフィーロ)」は、ヨーロッパでは30種類のレイアウトが販売されているほどの人気です。
日本では、同シリーズの285TLを購入できます。ベース車が「デュカト」(フィアット)のキャブコンです。

イタリアデザインらしく、木目を活かした温かみとモダンが両立する洗練された内装が魅力です。
乗車・就寝定員がどちらも5名なので、ラグジュアリーな空間で家族旅行を楽しみたい、という人にもおすすめです。

車両価格は、1450.9万円(税込)からです。

(3)Ace One 510CDL Jエディション(Ace Caravans)

「Ace One(エースワン)510CDL」は、430ALUの拡張モデルとして製作されたキャンピングトレーラーです。
合計7名が就寝できる、広々とした空間が魅力です。

内装色は、ライトブラウンとミディアムブラウンから選ぶことができます。
車両価格は335.5万円(税込)からと、他の高級キャンピングカーに比べてコストパフォーマンスが高いこともおすすめです。
要牽引免許のトレーラーを探している人に、ぜひチェックしてほしいモデルの一つです。

あらためて押さえておきたい!高級キャンピングカーの魅力とは?

あらためて押さえておきたい!高級キャンピングカーの魅力とは?「豪華」「ラグジュアリー(贅沢)」と表現される内装は、乗る人にどのような「よさ」があるのか、あらためて紹介します。

(1)理想通りの車両を製作しやすい

高級キャンピングカーの大きな魅力は、自分の理想通りの車両を製作しやすいことです。
内装デザインや車両設備など、カスタマイズが豊富なモデルが多いので、細部までこだわることができます。

また、一言で「ラグジュアリー」と言っても、その内容はとても様々です。
ゴージャスで華やか、清潔感あるクラシカル、シンプルでモダンなど、標準モデルにはないデザインに仕上げたい場合は、高級キャンピングカーがおすすめです。

(2)車両の安全性が高い

高級キャンピングカーは、走行性能に優れた車両がベース車として使われていることが一般的です。そのため、大型車であっても、他のモデルより操縦性や安定感は高い傾向です。

また、ドライブレコーダーや先進安全機能などが標準装備になっているモデルも多いので、安全面にこだわりたい人におすすめです。

(3)大人数での旅、長期的な旅行がしたい人に

高級キャンピングカーは、大人数での旅行や、長期的な旅行がしたい人におすすめです。

特に、旅行が長期にわたる場合は、疲労やストレスなどが少しずつ溜まってきます。そんなときでも、自分好みの内装でリラックスして休むことで、再び旅行を続けるエネルギーが湧いてくるでしょう。

ベッドルームは、各ビルダーの思い入れが強い空間の一つです。色味だけではなく、マットの品質や照明などもチェックしてみて下さい。

憧れの豪華なキャンピングカー まずはレンタルもおすすめ!

豪華でラグジュアリーな高級キャンピングカーは、やはりその分だけ値段も高額であることが一般的です。
そのため、まずは「レンタル」で運転を経験してみるのもおすすめです。

操縦性や日本の道路との相性、必要・不要な車両設備の見極め、内装インテリアの雰囲気など、実際に乗ってみて初めて分かることも多いのではないでしょうか。

高級キャンピングカーの車両価格は、約1,000万円以上です。非常に額の大きい買い物なので、準備には時間をかけることをおすすめします。

まとめ:ラグジュアリーな高級キャンピングカーはじっくり選ぼう

本記事では、内装が豪華な高級キャンピングカー5選について紹介しました。

高級キャンピングカーのデザインには、各ビルダーが理想としている車中泊旅行のあり方がはっきり反映されていることも魅力の一つです。

ビルダーの思い入れが強い空間は、リビングなのかベッドルームなのか。また、「快適さ」として表現しているのは広さなのか装飾なのかなどが、それぞれ異なります。

自分の考えるラグジュアリー(贅沢)と価値観が一致するビルダーは必ず見つかります。ぜひ時間をかけて、様々なモデルを何度も確認したうえで選ぶことをおすすめします。

関連記事
高級キャンピングカーは便利でラグジュアリー!特徴や価格について解説
快適な使い心地!日本の高級キャンピングカーの魅力

FOCS モデルチェンジキャンペーン実施中!

日本最大級のキャンピングカー在庫数!新車・中古車・高級車のキャンピングカーを多数ラインナップ。オプション、製造、メンテナンスまでトータルサポートしています。





コラム一覧へ戻る

ページのトップへ

くるま旅
JRVA
フジカーズジャパンは 一般社団法人 日本RV協会 正規会員です。

©キャンピングカーの販売・買取専門店【キャンピングカーのフジ】Fuji Cars Japan, All Rights Reserved.