切り離せるユニークなキャンピングカー!ピックアップキャビンの魅力

キャンピングカーコラム

切り離せるユニークなキャンピングカー!ピックアップキャビンの魅力


カテゴリー:


キャンピングカーの中でも、居住スペースを含むキャビンを必要なときだけ車に載せて使えるタイプを「ピックアップキャビン」と言います。車と居住スペースが一体となっている一般的なキャンピングカーと異なり、使わない間はキャビンを取り外せる点が大きな特徴です。今回は、ピックアップキャビンのメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。


キャビンを載せて走るピックアップキャビンの特徴

一般的なキャンピングカーは、ベースとなる車両の内装のみ、あるいは内装と外装を架装して居住スペースを作ります。一方、ピックアップキャビンは居住スペースとベース車が完全に分離している点が特徴で、キャビン部分はトラックの荷台に載せる荷物扱いとなります。ベース車にトラックを使用することから、トラックキャンパーとも呼ばれます

ピックアップキャビンは日本では比較的少ないものの、ピックアップトラックが普及しているアメリカでは好まれているキャンピングカーです。休日のアウトドアで使用するとき以外はキャビンを置いておけるので、普段は普通のトラックとして使用できます

他のタイプのキャンピングカーと変わらず、十分な居住性がある点もピックアップキャビンの特徴です。モデルにもよりますが、ピックアップキャビンを載せた状態のキャンピングカーはトラックをベースに作られた「キャブコン」タイプとだいたい近い大きさになり、居住スペースも同程度の広さがあります。ピックアップキャビンの多くはバンクベッドを備えているので、使い勝手もキャブコンタイプと近いと言えます


ピックアップキャビンを選択する3つのメリット


他のタイプのキャンピングカーとは大きく異なるピックアップキャビンを選択することで、以下のようなメリットがあります。

ベース車とキャビンが切り離せる

キャビンを切り離して家に置いておけるのは、ピックアップキャビンの最大の特徴です。これにより、普段は足回りの良いトラックとして使用でき、休日になるとキャビンを載せて家族とアウトドアに繰り出すといった使い分けが可能になります。出先でも、オートキャンプ場に着いたらキャビンを下ろし、出かけたいメンバーはトラックで出かけてゆっくりしたいメンバーは中で過ごすといった使い方が可能です。

ベース車をさまざまなタイプから選べる

ピックアップキャビンはキャビンとベース車が分離しているため、ベース車を別に選択できるというメリットがあります。例えば、長期間の旅行を楽しみたい場合は走行性能に優れた大型のトラックを選ぶ、未舗装路を走るようなエリアに挑戦したいなら4WDのトラックを選ぶ、普段の取り回しの良さを重視するなら軽トラックを選ぶなどの選択肢があります。

維持費が安い

居住スペースを持つ点ではピックアップキャビンとその他のキャンピングカーは同じですが、ピックアップキャビンの場合は荷物扱いとなるため、ベース車の維持費を含めても全体的な維持費は安くなる傾向にあります。また、キャビンとベース車に分離していることから壊れても片方だけを買い換えることができ、コストパフォーマンスに優れていると言えます

以下の記事では、ピックアップキャビンを含めたキャンピングカーの種類ごとに内装を比較しています。それぞれのタイプのメリットを確認できるので、気になる方はあわせてご覧ください。

自分にぴったりを探そう!キャンピングカーの内装を見るポイント


ピックアップキャビンの4つのデメリット

ピックアップキャビンにはデメリットもあるので、メリットとあわせてよく吟味するようにしましょう。

運転席からキャビンへのウォークスルーができない

一般的なキャンピングカーに限らず、多くの車は運転席と後部座席がつながっていますが、ピックアップキャビンはキャビンとベース車が分離しているためウォークスルーができません。そのため、荷物を取るために一度外へ出る必要があるなど、細かいところで不便さを感じる可能性があります。

走行中はキャビンの中に人がいてはいけない

キャンピングカーの居住スペースは、座席に座ってシートベルトをしていれば走行中でも使えますが、ピックアップキャビンのキャビンは荷物扱いのため走行中の乗車は禁止されています。そのため、ピックアップキャビンでの移動はベース車の乗車人数が定員となります。

ベース車からキャビンを取り外したときに置き場所が必要

キャビンを取り外せる点がメリットとなるピックアップキャビンですが、一方で取り外したときの置き場所が必要というデメリットがあります。自宅に場所がなければキャビンを下ろせず、置き場所があっても大きなキャビンで場所を取ることになります。

安全に乗るにはベース車の足回り強化が必要

モデルにもよりますが、乗せるキャビンの重さによってはベース車の走行が不安定になる可能性があります。その場合は、安全に乗るためにベース車の足回りの強化が必要となります。


他のキャンピングカーとの違いは?

ピックアップキャビンはその他のタイプのキャンピングカーと大きく異なりますが、似たタイプのキャンピングカーもあります。ここでは、「キャンピングトレーラー」や「モバイルハウス」との比較をご紹介します。

キャンピングトレーラーとの比較


キャンピングトレーラーは、ベース車で牽引するタイプのキャンピングカーです。トレーラーのサイズは小型から大型までさまざまなタイプがあり、自身の利用目的に合わせて選べます。

ピックアップキャビンとは、ベース車と居住スペースを切り離せる点、普段はベース車だけで走行できる点、走行中は居住スペースに乗車できない点、車検がない点などが共通しています。ピックアップキャビンはジャッキで持ち上げる、キャンピングトレーラーはヒッチメンバーで接続する、という違いを除けば使い勝手に大きな違いはないと言えます。

一方、キャンピングトレーラーの場合はベース車の選択肢がさらに増えます。すでに自家用車がある場合は、その車で引っ張れるサイズのキャンピングトレーラーを購入すればベース車を買い換える必要はありません。
また、キャンピングトレーラーはトレーラーの総重量が750kgを超える場合、運転免許とは別に牽引免許が必要となります。ピックアップキャビンの場合は、運転免許以外の資格は必要ありません

キャンピングトレーラーの魅力や免許についての詳細、購入する際の注意点などは以下の2記事に詳しく紹介しているので、気になるかたはぜひご覧ください。

キャンピングカーと比較!大型キャンピングトレーラーの魅力と注意点

キャンプの楽しみ方が大きく広がるキャンピングトレーラーの魅力!

モバイルハウスとの比較

モバイルハウスは、トラックの上に自作のキャビンを載せ、キャンピングカーのように使用できる車です。キャビンは自作により自分だけの工夫を施せるので、アイディア次第で2台とないユニークなモバイルハウスを作ることができます。モバイルハウスは商品として購入することもできます。

トラックの上にキャビンを載せる特徴から、ピックアップキャビンとモバイルハウスは非常によく似ていると言えます。キャンピングカービルダーが製品として販売しているものがピックアップキャビン基本的に自作するものがモバイルハウス、という分け方が分かりやすいでしょう。

ピックアップキャビンとモバイルハウスは同じ構造をしているので、使い勝手はほとんど同じです。一方、モバイルハウスは素人でも調べながら自分で作れる反面、安全に走行できる機構になっているかなどに注意する必要があります


ピックアップキャビンを検討してみませんか?

日本では主流ではないものの、ピックアップキャビンは2役の使い方ができるというユニークな仕様が支持されています。自身の生活スタイルやキャンピングカーの利用目的によってはぴったり合う可能性があるので、ピックアップキャビンの購入を検討してみてください。

キャンピングカーのその他のタイプと見比べたい場合は、以下の記事をあわせてご参照ください。

自分に合うのはどれ?キャンピングカーの6つの種類をご紹介



コラム一覧へ戻る

ページのトップへ