ベンツのキャンピングカーは高級?特徴や魅力、値段についてご紹介

キャンピングカーコラム

ベンツのキャンピングカーは高級?特徴や魅力、値段についてご紹介


カテゴリー:
タグ:


メルセデス・ベンツといえば日本では高級車メーカーとしてよく知られていますが、商用車やそれをベースにしたキャンピングカーも製造・販売しています。
また、ベンツの商用車をベースにキャンピングカービルダーが製造しているモデルもあります。

今回は、そんなベンツのキャンピングカーについて、特徴や値段についてご紹介します。


メルセデス・ベンツのキャンピングカーは高級車?


スリーポインテッド・スターのロゴが特徴的なメルセデス・ベンツは、日本でよく知られている高級車の他に商用車やキャンピングカーも製造しています。

ベンツのキャンピングカーは乗用車と同じように高級志向に近く、ベンツの商用車をベースに作られたキャンピングカーの中には2,000万円を超えるものも存在します。
その大きさやラグジュアリーな内装はキャンピングカーの中でも屈指で、いつかは乗りたいと思わせてくれる「キャンピングカーの理想」とも言えるかもしれません。

ヨーロッパ製キャンピングカーのベース車としても人気

ベンツでは自社でもキャンピングカーを製造していますが、商用バンやトラックも販売しており、専門のキャンピングカービルダーがこうしたベンツの車をベースに製造しているモデルも多くあります

ベンツと同じドイツを拠点にしているビルダー「ハイマー」が特によく知られておりベンツの大型商用バン「スプリンター」をベースにしたキャンピングカーなどを販売しています

基本的にサイズが大きいため値段も高い

ヨーロッパのキャンピングカーは日本製に比べて大きい傾向にあり、ベンツのキャンピングカーもその例に漏れません。
道路が広くない日本では軽自動車をベースにした日本ならではの「軽キャンパー」が発達していますが、国々を横断し広い土地を旅するヨーロッパでは長距離移動にも耐えうる大型のキャンピングカーが主流です

中でもベンツの車をベースにしたキャンピングカーは洗練されたデザインや操作性などを備えており、値段は高くなる傾向にあります。中には、乗用車を1台格納して持ち運べるようなサイズのキャンピングカーもあります。

バンサイズのキャンピングカーもある

大きなキャンピングカーが主流ではありますが、ベンツのキャンピングカーにはバンサイズのモデルもあります
バンサイズでも日本の代表的な商用バンである「ハイエース」に比べると大きく感じますが、日本でも比較的扱いやすいと言えます


メルセデス・ベンツの代表的なキャンピングカー

ここからは、メルセデス・ベンツが手掛けているキャンピングカー、ベンツの車をベースに作られたキャンピングカーについてご紹介します。

V 220 d Marco Polo HORIZON

ベンツのミニバンである「Vクラス」をベースに、ベンツ自身が製造しているのが「V 220 d Marco Polo HORIZON」(マルコポーロ・ホライゾン)です。

マルコポーロ・ホライゾンは、日常も週末もラグジュアリーに楽しむために作られたキャンピング仕様のアウトドアミニバン。座席を倒すことでフラットシートにできる、ポップアップルーフにより車内で立って過ごせるようになるなどキャンピングカーらしい仕様を備えています

また、マルコポーロ・ホライゾンはスマートフォンや音声で制御が可能な点も特徴です。バッテリーやタンクの残量をスマートフォンから確認したり、音声でエアコンや目的地設定の操作ができたりと最新の設備を備えています

マルコポーロ・ホライゾンは日本でも展開しており、日本で購入すれば右ハンドル仕様となっています

エアストリーム・インターステート

ベンツの大型商用バン「スプリンター」をベースにした高級キャンピングカーです。シルバーボディのキャンピングトレーラーでよく知られるアメリカの「エアストリーム」が製造したキャンピングカーで、豪華な内装や充実した家具・家電を備えています

エアストリーム・インターステートは、バンでありながら中で立って移動できるほど巨大。日本のバンコンやキャブコンとも違ったスタイルで、多くの人の目を惹くインパクトがあります。

革張りのシートを始め内装も豪華に作られており、ラグジュアリーなバンライフを過ごせるキャンピングカーだと言えるでしょう。

ハイマー・ML-T580 4WD

ドイツのキャンピングカービルダー「ハイマー」が手掛けた、スプリンターをベースにしたキャンピングカーです。

上記のエアストリーム・インターステートとは違い、ML-T580 4WDは運転席部分を残して専用のシェルを架装したキャブコンタイプ。全長6,990mm、全幅2,290mm、全高2,960mmという巨大な車体となっており、まるで高級ホテルの1室かのような内装に仕上がっています
値段は2,000万円を超えますが、世界中から注文が入るほどの人気を博しています。

コンコルド・センチュリオン 1200 GST

想像を絶する大きさを誇るのが、コンコルドの手掛ける「センチュリオン 1200 GST」です。ベンツのトラック「アクトロス」をベースに作られたキャンピングカーですが、全長は12mに達し、なんと乗用車を1台収納して走ることができます
こうした巨大で超高級なキャンピングカーはライナークラスと呼ばれ、このセンチュリオン 1200 GSTもオプション別で8,000万円を超えます。


その他の海外キャンピングカービルダー


ここまでメルセデス・ベンツのキャンピングカーをご紹介してきましたが、海外には他にも多くのビルダーがあります。ここでは、代表的なビルダーについてご紹介します。

ローラーチーム

ローラーチームは、イタリアに拠点を構えるビルダーです。イタリアで17%のシェアを持つなどヨーロッパを代表するビルダーであり、高品質なキャンピングカーを多数販売しています。
日本ではフジカーズジャパンが正規代理店となり、販売を行っています。

ローラーチームのラインナップはこちらをご覧ください。

エースキャラバンズ

エースキャラバンズは、スペインに拠点を構えるビルダーです。最新の技術を惜しみなく投入している他、家具をすべて自社工場で製造するなどのこだわりがあります
エースキャラバンズではキャブコンタイプやキャンピングトレーラーなどをラインナップしており、フジカーズジャパンが正規代理店として販売しています。

エースキャラバンズのラインナップはこちらをご確認ください。

アドリア

アドリアは、スロベキアに拠点を構えるキャンピングカービルダーです。バンコンタイプ、キャブコンタイプ、キャンピングトレーラーを手掛けており、日本でも購入できます。
ヨーロッパのビルダーらしく大型でラグジュアリーなモデルが多く、キャブコンタイプの中でも最も小さい「COMPACT」で全長が5,999mmから6,990mmがあります

エアストリーム

エアストリームは、アメリカに拠点を構えるビルダーです。丸みを帯びたシルバーボディのトレーラーが有名であり、日本でもキャンプ場などに設置型として置かれているものを目にします
広大な土地のアメリカを旅するために、頑丈で大きなトレーラーを製造している点が特徴です。

ウィネベーゴ

ウィネベーゴは、同じくアメリカに拠点を構えるビルダーです。エアストリームと同じく巨大なボディのキャンピングトレーラーを多く手掛けており、アメリカのトップビルダーとして知られています。
多くのモデルは停車中に車内スペースを拡張できるスライドアウト機構を備えており、とにかく広くラグジュアリーに作られています


海外のキャンピングカーも見てみよう

ご紹介してきたように、メルセデス・ベンツの車をベースにしたキャンピングカーには国産車にはない魅力が詰まっています。海外のキャンピングカーに目を向けてみると、日本にはない視点のモデルが多く見つかるので、キャンピングカー選びの際はぜひ海外製にも目を向けてみてください

その他の輸入キャンピングカーについて知りたい方は、以下のページもあわせてご覧ください。
メルセデス・ベンツも?注目したい輸入キャンピングカー

フジカーズジャパンにおける輸入キャンピングカーのラインナップは以下からご確認いただけます。
輸入キャンピングカーラインナップ





コラム一覧へ戻る

ページのトップへ