キャンピングカーの値段はいくら?種類別の価格帯と特徴を解説

キャンピングカーコラム

キャンピングカーの値段はいくら?種類別の価格帯と特徴を解説


カテゴリー:


キャンピングカーには「軽キャンパー」や「バンコン」などさまざまなタイプがあり、どのタイプを選ぶのかによって値段は大きく異なります。予算内で理想のキャンピングカーを購入するためには、価格帯ごとの特徴を把握しておきましょう。今回は、キャンピングカーのタイプごとのメリットとデメリットをご紹介します。


100~200万円クラス「軽キャンパー」

軽キャンパーは、軽自動車のワゴンやバンをベースにしたキャンピングカーです。

軽キャンパーのメリット

軽キャンパーの最大のメリットは値段が安いことです。500万円以上のタイプが多い中、100万~200万円というお手頃な価格でキャンピングカーを購入できます。
また、軽自動車をベースにしていることから車体のサイズが小さく、買い物や仕事などの普段使いにも利用可能です。細い山道を通るときなどでも、軽キャンパーの小さい車体が活躍します。

軽キャンパーのデメリット

軽キャンパーは車体が小さくて小回りが利く分、足元などのスペースが狭く騒音も大きいため、長距離の移動では疲労を感じやすいデメリットがあります。また、長旅で荷物を多く積む場合や2人以上で利用したい場合には向いていません。軽キャンパーを買う際は、今後もキャンピングカーの使い方が変わらないかをよく吟味する必要があります。

200~700万円クラス「バンコン」

バンコンはバンをベースにしたキャンピングカーです。バンの広い荷台を活用したキャンピングカーであり、一般的に走っているミニバンと見た目がほとんど変わらない特徴があります。

バンコンのメリット

バンコンはベースとなるバンの車体を直接加工することが少なく、最大積載量以上の貨物を載せてしまう「過積載」にもなりにくいため、安全性の高いキャンピングカーだと言えます。軽キャンパーや後にご紹介するキャブコンよりも走行性能が高く、安全に運転しやすいこともバンコンの大きなメリットです。乗り心地も他のキャンピングカーに比べて良いので、長距離の移動にも向いています。

軽キャンパーに比べて車内が広く、家族で楽しめることもメリットのひとつです。その分車体は大きいですが、通れない道や停められない駐車場もほとんどないため、日常生活でも使えます。

バンコンのデメリット

次にご紹介するキャブコンと比べると、同じサイズの車体でも居住スペースの広さでは劣るため、多くの荷持を載せたい場合や4人以上の家族で使いたい場合には物足りなくなる可能性があります

バンコンには他に、盗難が多いというデメリットもあります。バンコンのベースによく使われるハイエースは海外市場や中古市場で人気が高く、盗難のターゲットになりやすいのです。日本損害保険協会が行った調査によると、ハイエースは2015~2017年の3年間、自動車盗難に遭った車種として3位以内に選ばれています。

出典:日本損害保険協会「2017年度 自動車盗難事故実態調査 結果報告」


500~1,000万円クラス「キャブコン」

キャブコンは、トラックの荷台に居室スペースを架装したキャンピングカーです。ミニバンのような見た目のバンコンとは違い、キャンピングカーらしい見た目をしています。

キャブコンのメリット

キャブコンはバスコンよりも車内のスペースが広く、快適な居住性を確保できるメリットがあります。ソファなどの家具や電子レンジなどの家電はもちろん、トイレやシャワーなどの設備を備えつけることも可能です。キャブコンは十分な高さが確保されているため、窮屈さを感じることなく長期の旅行でも快適に過ごせます。

バスコンよりも車体の大きいキャブコンですが、国産のキャブコンの多くは全幅・全長ともに一般的な駐車場に収まるサイズ(5m)で造られているため、道路を走るのに大きな不自由もありません。ただし、国産のキャブコンであっても5mを超える車両もありますので、必ず車両サイズの確認をしましょう。

キャブコンのデメリット

キャブコンは快適な居住性がある一方、走行性能はあまり高くありません。キャブコンは車高が高いためスピードが出にくく、ブレーキ性能やハンドル操作でもバンコンや軽キャンパーに劣ります。重心が高いことで、風にあおられやすいというデメリットもあります。なお、タイヤのサイズアップやブレーキ強化などのカスタマイズで足回りを強化することは可能です。

1,000万円以上クラス「バスコン」

バスコンは、マイクロバスをベースにしたキャンピングカーです。バンコンと同じように内装の加工が主で、マイクロバスに近い見た目をしています。

バスコンのメリット

バスコンは他のキャンピングカーと比べて車内のスペースが圧倒的に広く、車種によっては10人前後も乗車できるスペースがあります。排気量の多いエンジンや大きいタイヤを搭載していることから走行性能が高く、安定した走行を維持しつつさまざまなオプションを追加して快適な居住空間を追求することが可能です。例えば、ソーラーパネルや大きな発電機を載せても走行が不安定になることはありません。

バスコンは大人数を乗せても安全に走行できるよう十分な馬力があり、走行性能に優れているというメリットもあります。高速道路や坂道でも十分なスピードを出せる他、フロントガラスが大きいため見通しが良く、快適に運転できます。

バスコンのデメリット

走行性能が高くてもバスコンは車体が大きいため、運転には慣れが必要です。例えば、カーブを曲がるときの前輪と後輪の軌道が普通車と比べて大きく異なるため、普通車と同じような感覚でハンドルを切ると壁にぶつかる恐れがあります。大きいサイズの自動車運転に慣れていない場合は、事前練習を行うことをおすすめします。

目的に合わせたキャンピングカーの選び方

キャンピングカーを選ぶ際は予算だけではなく、目的に応じて選ぶことも大切です。ここでは目的別におすすめのキャンピングカーをご紹介します。

キャンプを中心に使う場合

主にキャンプを楽しむ目的でキャンピングカーを購入する場合は、乗車人数に合わせてタイプを選びましょう。1~2人なら軽キャンパー、3~4人ならバンコンまたはキャブコン、5人以上ならバスコンを基準にして選ぶのがおすすめです。

料理道具やキャンプ用品など多くの荷物を載せたい場合は、人数の目安よりも広めの車種を選びましょう。
車内で生活できるまでの設備を求めるなら、トイレやシャワーなどの設備を導入できるキャブコンやバスコンがおすすめです。

普段の外出でも使う場合

キャンピングカーを普段使いでも利用したい場合は、車体が小さく小回りの良い軽キャンパーやバンコンなどのタイプを選びましょう。特に軽キャンパーは駐車がしやすく、狭い道での運転もしやすいので大きい自動車の運転に慣れていない人でも安心です。

レジャースポーツを中心に使う場合

レジャースポーツへ行く際にキャンピングカーを使う場合は、レジャー用具を載せる必要があるので広いスペースのキャンピングカーを選びましょう。おすすめは車内スペースと車の大きさのバランスが取れているバンコンです。バスコンのほうがサイズは大きいですが、道路によっては通行できなくて不便に感じる可能性があります。

他にも、荷物や乗車人数が少ない場合は軽キャンパー、整備のあまり進んでいない山道などを通らないならキャブコンという選択肢もあります。


予算と目的に合ったキャンピングカーを選ぼう

キャンピングカーの値段はタイプによって大きく変わります。キャンピングカーはタイプごとに走行性能や居住性にも大きな違いがあるため、どのような目的でキャンピングカーを使うのかを考えつつ、予算内に収まる値段のキャンピングカーを購入するようにしましょう。

なお、「キャンピングカーのフジ」では写真つきでさまざまなキャンピングカーをご紹介しています。キャンピングカーの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。



コラム一覧へ戻る

ページのトップへ