長期間のアウトドアに最適!キャブコンの概要とメリット・デメリット

キャンピングカーコラム

長期間のアウトドアに最適!キャブコンの概要とメリット・デメリット


カテゴリー:

キャンピングカーを代表する種類である「キャブコン」は、広々とした居住スペースを確保できる他、断熱性や防音にも優れているため、快適なキャンピングカー生活を実現できます。そこで今回はキャブコンに焦点を当て、概要とメリット・デメリット、バンコンとの違いについてご紹介します。


キャンピングカーの代表格!キャブコンの概要と5つのメリット

キャブコンは「キャブコンバージョン」の略称で、トラックの荷台を改造・改装したキャンピングカーのことを指します。さまざまな種類があるキャンピングカーの中で最も代表的なタイプであり、中にはトラックではなくハイエースをベース車両にしたキャブコンもあります。広々とした居住スペースを確保できる他、車内を自由にレイアウトして自分に合った空間に仕上げられるのも、キャブコンの魅力のひとつです。

そんなキャブコンのメリットには、例えば以下の5つがあります。

1.居住スペースが広い

キャブコンは、運転席部分を除く全ての範囲が居住スペースになるので、広々とした空間でキャンピングカー生活を送ることができます。また、トラックやハイエースをベース車両にしているため天井が高く、圧迫感を受けにくくなっています。そのため中腰になる必要がなく、まるで自宅にいるような感覚で過ごせます。キッチンやバスルーム、トイレなどの設備をオプションとして追加できるタイプもあるので、長期間の宿泊を前提としたアウトドアに最適です。

2.宿泊しやすい

就寝スペースが確保されているのも、キャブコンのメリットのひとつです。例えば、運転席の上部にスペースを設けて、可動式のベッド「バンクベッド」を設置しているキャブコンがあります。引き出しのような仕様になっているので、使用時に引き出すだけでセッティングが完了します。運転席の上というデットスペースを活用することで、広々とした居住スペースを常にキープできます。また大人数での宿泊にも対応できるため、キャンピングカーをファミリーで利用したい方に特におすすめです。

3.多くの荷物を収納できる

キャンピングカーを利用するシーンといえば、やはりアウトドアです。キャンプやピクニック、釣り、スキーなど、アウトドアにはさまざまな種類がありますが、その全てに共通しているのは「荷物が多い」という点です。例えばキャンプなら、テントやタープ、寝袋、テーブル、チェア、ランタン、バーベキューセットなどが必要になります。そのため、アウトドアシーンには多くの荷物を運べる車が必要不可欠といえます。そこで役立つのがキャブコンであり、居住スペースと収納スペースが別で設けられているので、たくさんの荷物を運ぶことができます。

4.居住スペースの断熱性が高い

キャブコンのボディには、主に「ガラス繊維強化プラスチック(FRP)」が使われています。ステンレス鋼の約200分の1の熱伝導率なので、保温・保冷効果に長けています。そのため、春夏秋冬どの季節も快適なキャンピングカー生活を送れる他、小さな子どもやペットと一緒に過ごすことも可能です。

5.防音性が高く周囲の音が気にならない

キャンプ場では、キャンパーによる迷惑行為が問題になっています。例えば、周りを気にせず夜遅くまで騒ぐグループがいた場合、話し声や笑い声が気になってなかなか就寝できない可能性があります。このときキャブコンを利用していれば、周囲の音に煩わしさを感じることなく快適に睡眠を取れます。なぜなら、キャブコンのボディに使われているガラス繊維強化プラスチックは、耐熱性だけでなく防音性にも優れているためです。このように静かな環境下でアウトドアを楽しめるのも、キャブコンならではのメリットです。

大きいからこその弱点も!キャブコンの4つのデメリット

キャブコンのデメリットには、以下の4つがあります。

1.スムーズに走行できない

キャブコンのベース車両は基本的にトラックです。安全に運転するには、いつも以上に速度を抑えて走行する必要があるため、目的地までの所要時間が乗用車の1.3倍~1.5倍ほどになります。またキャブコンは車高が高いため、横風の影響を受けやすいというデメリットも持っています。加えて、高さ制限のある場所は走行できない可能性もあるので、トンネルを通る際や立体駐車場を利用する際は注意が必要です。

2.駐車できる場所が限られる

キャブコンは車高と車幅が大きいので、駐車する際は大型車に対応した駐車場を探す必要があります。狭い駐車場だと、駐車・発進する際に何度も切り返さなければならない場合もあるので、なるべく広々とした駐車場を選ぶことが大切です。ただし、駐車場によってはキャンピングカーというだけで利用を断られたり、マイクロバスと同じ料金を請求されたりすることもあります。こういったトラブルを防ぐために、あらかじめ管理人に説明をしておくことが大切です。

3.騒音

上記でもご紹介したように、キャブコンには発電機を備えておくのがおすすめです。しかし、発電機は起動する際に大きな音を発するアイテムでもあります。つまり、発電機を使用することで騒音に悩まされる可能性があるのです。また、キャブコンはエンジンが運転席と助手席の真下にあるため、運転中に騒音と振動が響くことも考えられます。

4.バーストを起こす可能性がある

キャブコンは居住スペースが広い分、さまざまなオプションを追加できる他、荷物もたくさん積めます。そのため必然的に積載量が多くなり、タイヤが破裂する「バースト」を起こしやすくなります。特にシングルタイヤはバーストしやすいため、キャブコンを利用する際はなるべく頑丈なタイヤに交換することが大切です。併せて、定期的に専門家による点検を受けるのも有効です。


どっちを購入すべき?キャブコンとバンコンの違い

キャンピングカーの代表格といえばキャブコンですが、それと並ぶほどの人気を高めているのが「バンコン」です。実際にキャンピングカーの購入を検討している方の中には、「どっちを買えば良いのだろう」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。以下でご紹介するポイントを参考に、キャンピングカーの用途や自分の好みに合わせて選んでみてください。

居住性を重視するならキャブコン

上記でもご紹介したように、キャブコンは車高が高いため、広々とした居住スペースを確保できます。また、キッチンやバスルーム、トイレなどの設備を追加することもできるので、まるで自宅にいるような感覚を楽しめます。
これに対しバンコンは、居住スペースがやや狭く、移動する際や着替えるときに背を屈める必要があります。また、設備がキャブコンほど充実していないことが多いので、長期間の宿泊を前提とした利用には適さない場合があります。
こうした点から、居住性を重視するならキャブコンを選ぶのが賢明といえます。

運転・駐車のしやすさを重視するならバンコン

バンコンは、バンタイプの自動車を改造・改装したキャンピングカーで、大きすぎず小さすぎないサイズ感です。そのため、走行中に騒音や振動に悩まされることも、ほとんどありません。
これに対しキャブコンは、ベース車両がトラックなので加速しづらい他、車高・車幅ともに大きく駐車しづらいため、いつも以上に慎重かつ丁寧に運転する必要があります。
こうした点から、運転・駐車のしやすさを重視するならバンコンを選ぶのが賢明といえます。

選ぶ基準は「キャンピングカーの用途」

キャブコンとバンコン、どちらを選ぶべきか迷ったときは「キャンピングカーの用途」を明確にしましょう。
例えば「快適なキャンピングカー生活を楽しみたい」「本格的なキャンピングカーを購入したい」という方には、キャブコンがおすすめです。設備が充実している他、オプションとしてさまざまなアイテムを追加することもできるので、快適な居住スペースを実現できます。
「キャンピングカーを普段の生活でも利用したい」「はじめてキャンピングカーを購入する」という方には、バンコンがおすすめです。ボディに大幅な装飾が施されていないので、街中でも気軽に運転できます。
キャンピングカーを選ぶ際は、このように用途を明確にして自分に合った一台を選ぶようにしましょう。


キャブコンで快適なキャンピングカー生活を楽しもう!

キャブコンは、ベース車両がトラックのキャンピングカーです。居住スペースが広いので、ファミリーでの利用に向いています。「家族との絆を深めたい」「子どもや孫とすてきな思い出を作りたい」という場合は、キャブコンを利用してアウトドアを楽しむのもひとつの方法です。この機会にキャブコンを購入して、非日常的な体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。



コラム一覧へ戻る

ページのトップへ