卒業旅行にキャンピングカーでグランピングはいかが?知っておきたい5つのこと

キャンピングカーコラム

卒業旅行にキャンピングカーでグランピングはいかが?知っておきたい5つのこと


カテゴリー:
タグ:

大学の卒業旅行は、学生時代を過ごした仲間と思い出を作る貴重な機会ですよね。普通の旅行では味わえない体験をしたいと考えているなら、キャンピングカーを使ったグランピングはいかがでしょうか?今回は、グランピングをするなら知っておきたいマナーやキャンピングカーを使った旅の魅力、キャンピングカー旅行のために知っておきたいことについてご紹介します。


卒業旅行に「グランピング」はいかが?

より魅惑的なキャンプを追求したスタイルを、「グランピング」と言います。キャンプは自然の中で仲間や家族と一緒に過ごし、バーベキューなどのアクティビティを通して普段はできない貴重な体験ができるアウトドアですが、テントの設営など大変なことも多くあります。そのような大変な部分をできるだけ排し、アウトドアにおいても贅沢な時間を過ごすことを目指したのがグランピングです。

グランピングには例えば、キャンプ場に備え付けのテントに泊まって炊事は自分で行うものや、キャンプ場を数組で貸し切って着替えだけ持ち込めばいいものなどいろいろなタイプがあります。
アウトドアを楽しむ上で大変なことをできるだけ排しているとはいえ、ほかの来場者と共同でトイレを使用する必要がある、暑さや寒さに対応しきれない場合もあるなどの難点があることも事実です。
そこで今回おすすめしたいのは、キャンピングカーを使ったグランピングです。

キャンピングカーは、ベッドやキッチン、ソファ・テーブルなどを備えた、快適に車中泊ができるようになった車です。普通の車でも車中泊はできますが、キャンピングカーであればベッドで広々と寝転がり、夏や冬でもエンジンを切ったままエアコンをかけ、数人でワイワイ騒ぐことができます。そんなキャンピングカーは、名前のとおりオートキャンプ場などでのキャンプに最適です。テントを使わずにアウトドアシーンに繰り出すことができるため、贅沢な時間を過ごすグランピングにも向いています。

キャンピングカーの中にもいくつかの種類があり、軽自動車をベースにしたコンパクトな軽キャンパー、トラックの荷台を架装してまるで家のような空間を作ったキャブコン、トレーラーの中に家具や装備を詰め込んだキャンピングトレーラーなどがあります。グランピングをするなら、キャブコンやキャンピングトレーラーなど大型のタイプを選択するのがおすすめです。大型のキャンピングカーであれば立って移動できるほど車内が広いので、大学の卒業旅行にみんなでワイワイ楽しむのにぴったりです。ただし、車体サイズの大きいキャンピングカーは街中での運転や予算について考えることも大切です。

予算を抑えてアクティビティのほうにお金をかけたいのなら、商用バンをベースにしたバンコンもおすすめです。キャブコンよりは小さくなりますが、ベッドやキッチンは十分に使いやすく、走りやすいモデルが数多くあります。


楽しいキャンピングカー旅行のために知っておきたい5つのこと

キャンピングカーを使ったグランピングは楽しい思い出を作るのにぴったりですが、初心者の方は以下の5つのポイントを押さえておくことでより充実した旅にすることができます。

食事について

食事は旅行の楽しみのひとつです。楽しいグランピングをするには、どんな食事をするのか事前によく計画するのがおすすめです。

キャンピングカーを使った旅では、昼食は外食派が圧倒的に多数で、夕食は料理派の割合が増加します。多くのモデルは車内に料理のできる設備を備えていますが、だからといって必ずしも料理派が多数というわけではないようです。バーベキューを含む料理派が増加する夕食でも、外食派の割合のほうが依然として多く、例えばご当地グルメを探して楽しむ旅が多く支持されています。

グランピングにおいては、食材を持ち寄ってバーベキューを楽しむのもいいですが、近くにある施設で食べ物を調達して気軽に楽しむのも良いでしょう。なお、まったく料理をしない予定でも、お湯を沸かすための道具を持っていくとコーヒーや紅茶を淹れるなどの楽しみが増えるので、おすすめです。

キャンピングカー旅行における食事については以下の記事に詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。
食事はどうする?キャンピングカーにおける料理事情や簡単な料理方法

温泉やRVパークについて

卒業旅行シーズンは、温泉が気持ちいい季節でもありますよね。温泉は温泉旅館だけの特権ではなく、キャンピングカーを使った旅行でも楽しめます。キャンピングカーを停めるのに適しているRVパークやオートキャンプ場の中には、施設内に温泉があるところや近くに温泉施設があるところが多くあります。移動が簡単なキャンピングカーなら、日帰り温泉をハシゴして楽しむことも可能です。

RVパークとは、キャンピングカーを駐車するのに適した駐車場のことを指します。RVはキャンピングカーのことを指し、24時間利用可能なトイレや電源設備などを備えます。道の駅などの公共の駐車場で車中泊することはマナー違反となることが多いので、こういったRVパークや車の乗り入れが可能なオートキャンプ場を利用するようにしましょう。

以下のページに、キャンピングカー旅におすすめの温泉をご紹介しているので、温泉旅を計画している方はぜひご覧ください。
キャンピングカーで温泉へ!おすすめキャンプ場やRVパークをご紹介

運転免許について

初めてキャンピングカーを利用する際に気になるのは、自身の持っている運転免許で運転が可能かどうかではないでしょうか。

キャンピングカーの運転に特別な技術は必要なく、普通免許があればほとんどのキャンピングカーを運転できます。普通免許のみだと運転できないのは、乗車人数が10人を超えるようなバスコンと呼ばれるタイプ、キャンピングトレーラーの中でも牽引免許が必要な大型のモデルです。

その他、運転免許の取得時期やモデルの特徴により普通免許で運転できるかどうかのラインは変わりますが、以下の記事にて詳しくまとめているのでぜひご覧ください。
中型免許?普通免許?キャンピングカーの運転に必要な免許について

トイレのマナーについて

設備の整ったキャンプ場などを使うグランピングでは気にしなくていいケースもありますが、キャンピングカーを使う際にはトイレのマナーについて把握しておく必要があります。

大型のキャブコンなどには家で使うような個室のトイレを設置することができる他、バンコンや軽キャンパーでもポータブルトイレを持ち込むことができます。このようなトイレは専用の薬剤で汚物を分解するため、臭いも処理時の見た目もほとんど気にならないという特徴がありますが、道の駅などの公共のトイレで処理するのはマナー違反となります。帰った後に自宅のトイレで処理するか、ダンプステーションを備えたRVパークで処理することになります。

なお、昼の移動中はコンビニや道の駅を探し、夜は施設のトイレを利用するようにすれば、キャンピングカーのトイレを使わずに旅行を楽しむことも十分に可能です。
その他、キャンピングカーのトイレ事情や処理方法については以下の記事を参考にすることができます。
処理も楽々!キャンピングカーのトイレの種類と汚水の処理方法

キャンピングカーのレンタルについて

キャンピングカーは購入するだけでなく、レンタルして使用することもできます。アウトドア趣味があり今後もキャンピングカーを乗り回す予定があるなら購入でも良いかもしれませんが、卒業旅行が目的であればレンタルもおすすめです。レンタルで試してみてキャンピングカー旅行が楽しいと感じれば、そこから購入を検討することもできます

レンタルの場合は、キャンピングカーだけでなくキャンプ道具や毛布など、オプションも一緒に借りることができます。レンタルの詳細は、ぜひ以下のページをご覧ください。
レンタルキャンピングカー


キャンピングカーで特別な思い出を作ろう

今回ご紹介した5つのポイントを押さえておけば、キャンピングカーを利用したグランピングが初めての方でも十分に楽しめます。
人数によってはレンタカーを複数台借りてキャンプ場に行くよりも、キャンピングカーを一台借りた方が安く抑えられることもあります
非日常の楽しさが詰まったキャンピングカーを便利に使って、大切な卒業旅行を一生の特別な思い出にしましょう!





コラム一覧へ戻る

ページのトップへ